東海道五十三次、御油宿(その1、平成10年版)


広重、御油旅人留女

御油の松並木,約600メートル続いているこの
松並木は東海道を旅する人々たちに、夏は緑の
木陰で暑い日差しを遮り、冬には寒い風雪から
身を守り、時には心地よい松風の音を聞きなが
らという、配慮から当初650本を植えられた
ものでした。植え付けられた松の樹にに対して
は幕府の管理は厳重を極め一本たりともゆるが
せには出来ませんでした。周辺の村々に義務付
けされていました。このように幕府の手厚い保
護政策と地元の熱意により、江戸時代の松並木
の面影を残すのは全国で御油が唯一のもので、
昭和19年に国の天然記念物に指定され、現在
では100年以上の古木がほぼ90本と、補植
松がほぼ250本、総数340本余の松並木と
なっています。その後1752年1883年に
は大々的に補植、土手の修理などがなされたと
いう記録が残っています。(以上松並木資料館
の案内書から)

この資料館の玄関脇(写真正面、かげで見にくい)
には当初に植えられた、樹齢ほぼ380年の松の
根っこと幹が展示されています。内部には御油、
赤坂、国府地区の復元模型など当時の掛け軸、
文書、火事場装束や旅装束、消火用ポンプ、医者の
往診に使った駕籠などが展示されています。

御油の町並みには写真のような史跡を示す木柱が
建てられています。上左から本陣跡、人馬継所跡、
下左からベルツ博士の妻ハナの実家跡、高札場跡と
なっています。ベルツ博士は日本の医学に大きな功
績を残した方ですが日本人妻のハナさんの祖父はこ
こ御油に住み、その史跡である。

松並木の脇にこの掲示版がある。弥次喜多道中の
二人がこの松並木で狐に化かされた物語が記され
ています。弥次さんは宿場の女に留められ、この
先の松並木には悪いキツネが化かすからここに泊
まれと言われたが、先に立った喜多八を追ってこ
こに差し掛かると松の根っこに喜多八が弥次さん
を待っていました。弥次さんはキツネが喜多八に
化けていると思い、喜多八を取り押さえ手ぬぐい
で縛り赤坂まで連れて行ったとのこと。御油の松
並木は松並の後ろの竹薮が鬱蒼と茂り、夜ともな
ると一人歩きは勇気のいるもので、この松並木は
度胸試しにもよく利用されていたようです。


御油の町並みと松並木街道, 12年後東北側の松と竹林は大きく変わっていました
以上平成10年5月31日撮影

御油宿(その1) 御油宿(その2) 御油宿(その3)

次は赤坂宿 熱田参りじゃ
次は吉田宿(お江戸日本橋へ)

インターネット地図検索サービス
「るーとMap」で、行き先までの道順を調べよう

御油宿の写真集

松並木資料館

トップページに戻る