東海道五十三次、原宿


広重画検証:手前の愛鷹山と富士山の展望が広重画と良く似ています、現国道1号線沿い浮島ケ原
自然公園から撮影。







jr原駅、木造駅舎で「なまこ壁」が印象的。


江戸から31番目:原一本松一里塚跡。


東田子の浦駅近くの千本松原、左:静岡方面。右:沼津方面


立円寺境内にある望嶽碑(尾張藩、侍医柴田景浩が建立)、富士の絶景を称えて立てたという。
今日は頂上付近が見えます。


東田子の浦駅前にあります。。


山門は立円寺。右は沼田新田一里塚(間の宿、柏原)のある広沼橋


広沼橋から見る昭和放水路と東田子の浦駅。


沼田新田一里塚跡のすぐ東にある増田平四郎の顕彰碑。


江戸から32番目:沼田新田一里塚跡と旧東海道。

:富士の湧水・柿田川(三島市)から富士川まで :吉原→箱根第1部

氷川きよし大井追っかけ音次郎

次は吉原宿 熱田参りじゃ
次は沼津宿(お江戸日本橋へ)

トップページ| 静岡県の巻| 55箇所 原駅

沼津市ホームページ