太閤・秀吉公さま 尾張・美濃史跡めぐり(その3)


左:小牧山。
右:登り口正面付近。


小牧城正面(左)。右は東面を撮る。


小牧山地図拡大


龍泉寺本堂と二重塔。
ここにはかって龍泉寺城がありました。 龍泉寺城


北外山城跡。 北外山城跡


不発橋(うたずばし)。左、森の向こう住友企業の敷地内に宇田津砦がありますが立ち入ること出来ません。
本社の許可を受けて下さいとのことでした。 宇田津砦 不発橋(うたずばし)


岩崎山砦跡。
岩崎山砦


久保山熊野社(右)。
左は熊野社前から岩崎山砦を望む。 久保山砦
久保山熊野社


宝頂山墓地。
宝頂山墓地


小松寺山砦跡。
小松寺山砦跡


羽黒城址。
説明文拡大


国宝犬山城(合成写真)。
犬山城の歴史天主閣の構造 リンク:犬山城


田中砦跡。
田中砦跡・三号墳


富士塚。
富士塚


前野家屋敷跡。
前野家屋敷跡


河田城跡(右)。
河田神明社境内に建っています(中)。


大野城跡。
碑文拡大


沢井公屋敷跡。
沢井公屋敷跡


生駒氏の邸址(右)。久昌寺(左)。 生駒氏の邸址


日吉丸(後の豊臣秀吉)と三河・矢作橋で蜂須賀小六と出会いの定説は塗り替える・・・・・。


写真左は池田恒興(美濃大垣城主)の戦死の場所
(国指定史跡:
勝入塚)と伝えられています。右の写真は資料室内の池田公の装
束コーナーです。関連:池田恒利(恒興の父)の屋敷跡


池田庄九郎塚。
池田庄九郎塚


武蔵塚。
武蔵塚


野呂塚。
名鉄小牧線羽黒駅南約300m。 野呂塚


楽田小学校校門前にある史跡「城山」
と楽田城址の石碑(左端)楽田城は日本で初めて
天守閣が設置されたお城といわれる。 楽田城址


久保山の熊野神社
から見る長久手古戦場方面(左)とjr名古屋駅方面。小牧・長久手の
戦いで秀吉は岩崎山(西約700〜800m)とこの久保山に砦を作った。合戦後秀
吉自ら久保山砦に来て、全軍を指揮、一名太閤山とも呼ばれています。


二重堀砦址。
二重堀砦址 二重堀砦址


青塚古墳。
見た瞬間登りたくなるような景色ですが禁止です。1584年(天正12年)の小牧・
長久手の戦いでは豊臣秀吉方の砦が築かれた記録があります。 青塚古墳


駅から西へ約6.5キロで、JR関西線蟹江駅が便利です。
前田長種(利家の長女,幸を妻とする)はこの蟹江城で生まれたといわれる。写真左上と右は
蟹江町歴史民族資料館で写したものです。


この橋を有名にしているのはその擬宝珠に刻まれた銘文で、 母が子を思う心情として
この橋を通る旅人に多くの感銘を与えたとされる。又この敷地内には姥堂と都都逸
発祥の地という大きな記念碑が建っている。 姥堂・裁断橋説明拡大


堀尾氏邸宅跡。
裁断橋物語の第2部を併せてご覧ください。 「金助とその母」碑文拡大


公園内姥堂前に埋められた絵画2点。
「この世にいくさというものがあるかぎり、若者たちは命を
うばわれていくことだろう」!!。いまや世界に通じる母親の悲しい気持ちでしょう。


公園内に復元された裁断橋(左)。
右は当時の裁断橋の風景を描いた絵で姥堂前に埋められています。


上永良神明社境内にあった上永良陣古屋敷跡。
ここで誕生した加藤嘉明公(豊臣秀吉の子飼衆で、
賤ヶ岳の七本槍・七将の1人)の大きな誕生碑(上中)。 リンク: 加藤嘉明


豊臣秀吉出世の美濃路・墨俣城 尾張:中村 豊臣秀吉誕生地

太閤・秀吉公 尾張・美濃史跡めぐり(その1) 太閤・秀吉公 尾張・美濃史跡めぐり(その2)

(その3) (その4) (その5) (その6) (その7、関が原合戦特集) (その8、天王山山崎合戦特集)

(その9、天王山山崎合戦⇒淀城跡⇒伏見・指月城跡まで) (その10、京都市内御土居から妙顕寺城跡まで)

関連:関が原合戦陣所跡 中仙道(垂井宿その1) 中仙道(垂井宿その2) 中仙道(垂井宿その3)

太閤・秀吉公さま 史跡めぐり(近江・長浜城)
太閤・秀吉公さま史跡めぐり(聚楽第跡,市内特集)
太閤・秀吉公さま史跡めぐり(最終:京都〜大坂城)

京都(その1)京都(その2) 京都(その3山科地区)
  京都(その4聚楽第跡,市内特集)  京都(その5東福寺紅葉特集)
京都(その6、建仁寺から円徳院まで第1部)
京都(その7、高台寺から豊国神社まで第2部)

中村公園駅(太閤まつり第1部) 中村公園駅(太閤まつり第2部) 中村公園駅(太閤まつり第3部)
中村公園駅(太閤まつり第4部) 中村公園駅(太閤まつり第5部) 中村公園駅(太閤まつり第6部)

トップページ 旅行・観光