東海道五十三次、宮(熱田)宿(その1)

The 53rd Tokaido Posting Station(Miya or Atsuta no.1)



広重画(宮,熱田神事を含むすべて)複製、転載禁止となっています。
The Hiroshige drawing, a duplicate, the ban on reproduction

中山道(中仙道)脇往還:美濃路の旅

東・中・美-環状歴史・出世街道 をご訪問下さいまして有難うございます。

宿場,下段の街道名をクリックして下さい


笠覆寺南へ500メートル、旧東海道沿いに建っています(東側のみ)。
「七里の渡し」まで順に掲載して行きます。笠寺一里塚


笠寺一里塚(左)巨大なエノキ樹齢約400年

東光院:宮本武蔵が滞在した。笠覆寺南約150メートル


笠寺観音(笠覆寺)境内にあります。由緒記(抜粋):雨ざらしで
びしょぬれだった観音さまを見て、自分がかぶっていた笠をかぶせた
彼女は、京からやってきた青年貴族・藤原兼平(ふじわらのかねひら
)公にみそめられ、鳴海の長者の家で仕えていたところから、京に召
され、兼平公と結ばれ玉照姫(たまてるひめ)と呼ばれる事となった。


「竹千代(後の徳川家康)の人質交換の地」はここ笠寺観音(笠覆寺)でした。碑文拡大
関連リンク:徳川家康幼児幽居地徳川家康公愛知史跡めぐり


笠寺観音(笠覆寺)本堂。


笠寺西門前交差点に建つモニュメント。碑文は判然としませんが笠寺の由緒と
寺から600m南の笠寺一里塚跡の存在が刻まれています。左は笠寺西門前の
街並み。碑文拡大はこちらへ 笠寺西門前


右名鉄線を渡り、旧東海道はこの商店街を抜け右折する。左は右折角から
約150m西へ行く戸部城跡。


桜本町駅から西へ約450メートル、 旧東海道と鎌倉街道の交差点
(南区呼続町地内の標識)である。左上写真は鎌倉街道を西へ進んで白豪寺
(中央の森)、右上は東へ行くと鳥栖八剣社へ出る(途中は跡形もなく寸断)
下2枚は交差点から東へ50〜100メートル街道沿いに建つ地蔵院(湯
浴み地蔵)と黄龍寺である。


富部神社の東約200メートル、
旧東海道と塩付街道が交差する角
の標識、左写真は東海道、右は
塩付街道を桜神明社古墳前へ行く


この付近に「山崎の立て場」があったと記されています。


山崎の長坂の途中にある佐久間信盛が居城した山崎城跡の安泰寺の道標
山崎城跡の安泰寺の道標


史跡コース永禄年間、佐久間信盛が居城した山崎城跡(安泰寺)。
駅から南西へ約700メートルの小高い山の上にある。
歩道橋(名鉄名古屋本線)を渡るとまもなく下の熊野三社に行く



佐久間信盛が城中の守護神として、また山崎村及び付近一帯
の住民の守り神として建てられた。
安泰寺から160メートル昔は山が続いていたのではないか
熊野三社は次の櫻本町駅、また妙音通駅からも近い。


、鳴海宿からほぼ北へ進んできた街道はこの橋を渡ると西へ折れて熱田神宮へ向かう。
ここから伝馬町一里塚までは道筋が判然としませんがブラザー本社前の東之宮神社前を
通り現1号線の南側下の 浮島街園 を抜けて新堀川端の神明社:hd動画に通じて
いたと思われます。 山崎橋


東之宮神社。 この付近に旧道があったと思われる。


東之宮神社から北西約400m、浜神明社境内の奥に建つ 月待供養碑 浜神明社


名城線堀田駅南約200メートル、松田橋交差点北西角にある。山崎橋から神明社まで
大改造が行われました。


左:松田橋から西の熱田神宮方面を見る、写真の南側歩道が旧東海道の雰囲気を
思わせる建物がありました。右:松田橋から東の山崎橋方面を見る。


左:松田橋から西へ来ると国道1号線(ここを大改造)と旧道(左の水平道)が
分かれている(内浜町)。右:JR東海道本線を横断踏み切り。 南東隅には
小さな地蔵供養堂
黄色矢印がある。


新熱田橋東南約150mの穂波公園(左)の南東角にある 浮島神社
昔からこの浮島が原は水害高潮でも被害に逢わずここだけは浮き上がって居た
という。 名古屋〜熱田台地の南端にあたると思われる。


上記旧道路の延長線の川を越えたところに 神明社があり、 道標に「江戸道」
記されている。この区間の旧東海道の標示が望まれます。

宮宿(その1)|宮宿(その2) 宮宿(その3)|宮宿(その4,七里の渡し特集)

史跡の宝庫神宮周辺第1部 史跡の宝庫神宮周辺第2部) 史跡の宝庫神宮周辺第3部)
第4部 第5部 第6部(旧東海道、松田橋から伝馬町一里塚跡まで)

第21回堀川まつり)2010.6.5(203.8mb,bgm付)

伝馬町駅 伝馬町駅(その1)|伝馬町駅(その2)|伝馬町駅(その3)

愛知県の巻 55箇所 トップページ 七里の渡し場跡 松田橋交差点

これより美濃路

これより美濃路

東海道・中山道・美濃路:環状歴史・出世街道
美濃路(名古屋宿その1) 美濃路(名古屋宿その2) 美濃路(名古屋宿その3)
美濃路(清須宿その1) 美濃路(清須宿その2) 美濃路(稲葉宿)
美濃路(萩原宿〜起宿その1) 美濃路(萩原宿〜起宿その2) 美濃路(墨俣宿その1)
美濃路(墨俣宿その2) 美濃路(大垣宿その1) 美濃路(大垣宿その2) 美濃路(大垣宿その3)
美濃路 垂井宿(その1) 美濃路 垂井宿(その2) 美濃路 垂井宿(その3)

これより中仙道

中仙道(垂井宿その1) 中仙道(垂井宿その2) 中仙道(垂井宿その3)

中仙道(関が原宿その1) 中仙道(関が原宿その2) 中仙道(今須宿)
中仙道(柏原宿その1) 中仙道(柏原宿その2) 中仙道(柏原宿その3)
中仙道(醒ヶ井宿その1) 中仙道(醒ヶ井宿その2) 中仙道(番場宿)
中仙道(鳥居本宿) 中仙道(高宮宿その1) 中仙道(高宮宿その2)
中仙道(愛知川宿) 中仙道(武佐宿) 中仙道(守山宿)

これより東海道

東・中・美:環状歴史・出世街道
草津 石部 水口 土山 坂下 亀山 庄野 石薬師 四日市 桑名

次は桑名宿京都へ 次は岩塚宿佐屋宿へ 次は鳴海宿(お江戸日本橋へ)

東海道53次宿場画像集(東日本編)東海道53次宿場画像集(西日本編)