東海道五十三次、宮(熱田)宿(その4,七里の渡し特集)

The 53rd Tokaido Posting Station(Miya or Atsuta no.4)


広重画(宮,熱田神事)


宮の渡し場跡から堀川南(現名古屋港方面)を撮る。


赤い文字をクリックして下さい。七里の渡しはこちら
往時を彷彿させる宮の渡し場風景。宮の宿は東海道一番の賑わいを見せたといわれます。
ガーデン埠頭
(水族館など)〜金城埠頭(jrリニア・鉄道館など)まで定期船を開設し伊勢の「おかげ
横丁」までゆかなくても歴史遺産を活用して欲しいものです名古屋城に賭ける膨大な予算
を第二の拠点の開発に回してちょ市長さん。さらに国道3本で分断された観光資源をまと
めるため、神宮南門から1号、247号、19号線を地中化し、宮の渡しへ約300mの
日本一の橋上商店街と神宮南交差点上にポケットパークjr草津駅前参照 を作り、せせらぎが流れ
土産物、レストランなどを含む2階建て歩道橋はいかがですか。点でなく旧東海道、佐屋
街道、美濃街道の長い線を見据えて町興しに思いを馳せて実現して下さい。1900年の
歴史に輝く熱田神宮を中心に発展してきた鎌倉街道まで遡りこの地区の歴史遺産を全部ま
とめて日本の中心であること改めて内外に周知させて下さい。そして名古屋港の発展に期
待をかける市もやはり中間点としてこの熱田地区の再開発を行われなければ港の存在は遠
のくばかりです。関連:尾張は「日本のメソポタミヤ」

東京駅を縦にして駅ビルとして世界一のjrセントラルタワーズを建設し、今度はスカイツ
リーを横にして世界一を目指し、プラネタリュウムを完成させた勢いで
世界一の電池充電、エコ設備を備えたバス、自家用専用巨大ターミナル駅を現在の1号線
都市高速と交差する松田橋付近からから伝馬町交差点を横切り神宮南交差点付近まで一号
線の上に4〜5階建の建物(758m・ナゴヤで世界一)を作り将来jr熱田駅、名鉄神宮前駅
地下鉄伝馬町駅を統合し、熱田神宮〜伊勢神宮(日本精神文化の大動脈、20年毎に蘇る)
を結ぶ近鉄(冨吉駅から分岐またはシャトルバス)も乗り入れて頂き、中部空港もより近
くなり300年前の街道一の賑わい取り戻す。

更に鉄道と車の二大拠点を最短で結ぶ地下鉄名城線を分岐して1号線を西進し昭和橋付近
から北進、中川運河に沿い3本目を名古屋駅西に乗り入れる (市道は直通工事中)。リニア
・モーター完成後は名古屋駅では乗客を安全、快適に捌ききれないし、運河の再開発にも貢献で
きる。工事費は国道と運河沿いの市道を利用すれば比較的安く出来るはず。構想だけでも
冥土のお土産としたい。2014、3、1追記。

今回のjr東海の壮大なリニア・モーター完成後は国土交通省はもちろん、経済産業省も名
古屋への移転は当然のこと(東京直下型大地震の想定もあって)で、次元が違うとはいえ
オリンピック開催後の経済効果とは比べものにはなりません。1964年(東京オリンピック)
の東海道新幹線開通後の経済効果は計り知れないばかりかバックアップ首都:名古屋に未
来(強固な名古屋台地と共に)が開けます。

リンク:御座船・義丸 熱田の再開発希望付近
熱田の再開発,名鉄常滑線


西浜御殿では船の出入りや旅人の記録なども行われていました。 西浜御殿跡


内田橋の欄干に設置された七里の渡し場風景。


七里の渡し場公園。


内田橋から欄干越しに渡し場付近を撮る。


時の鐘鐘楼と常夜灯。


関連伊藤圭介 水谷豊文


七里の渡し公園風景4景。


宮の渡し場の鐘楼。正確な時を知らせるこの鐘は旅をする人や熱田に住む人々にとり
重要な役割を果たしていた。昭和20年の戦災で鐘楼は焼失したが鐘は今も近くのお
寺に当時のまま残っている。熱田まつりの前の毎年6月の第一土曜日 には堀川まつり
がこの渡しを中心に行われます。関連 時の鐘拡大  洲崎神社


佐屋街道美濃街道を経て清洲へ運びました。 左端は歩道に埋め込まれたモザイクタイルの案内標識。
魚市場跡


七里の渡し公園前にあります。現在は福祉施設となっています。


現在の観光船のりば待合所の案内ポスター1。


待合所の案内ポスター2。 リンク:御座船・義丸


2010年6月5日、堀川まつりで撮影したものです。常夜灯、鐘楼に灯りが点され昔を偲ばせます。
巻き藁舟も参加し、昭和30年頃には毎年見られた光景でした。





七里渡し灯台址(喚応寺境内)、駅から西へ約4.1キロ
港区藤高3丁目にあり、熱田から桑名へ向かう東海道の海上
七里の航路にあたっていた。この辺りは州の多いところで
航行の安全と渡船夜泊の標識として毎夜灯りが点じられた
七里渡し灯台址


画像の中の赤い文字をクリックして下さい
この七里の渡し航路図は愛知県図書館蔵書「佐屋街道」からコピー拡大したものです。
明治元年、明治天皇ご一行は桑名宿から佐屋宿へ「三里の渡し」を航海中、 焼田港付近
で川の堆積物などで進めなくなり焼田港でご着船になりました。是が契機となり「明治
の東海道」が開発されました。


「明治の東海道」
の熱田起点(左)と「ふたつやの渡し」弥富市終点(右)。

第21回堀川まつり)2010.6.5(203.8mb,bgm付)

宮宿(その1)|宮宿(その2) 宮宿(その3)|宮宿(その4,七里の渡し特集)
七里の渡し場

次は桑名宿 熱田参りじゃ
次は鳴海宿(お江戸日本橋へ)

愛知県の巻 55箇所 トップページ

佐屋街道(その1) 佐屋街道(その2)

伝馬町駅 地下鉄路線図