東海道五十三次、保土ヶ谷宿(その1)


広重、保土ヶ谷、新町橋


保土ヶ谷宿の案内板。図の右端(江戸方)から順に掲載。


横浜駅前のホテルから浅間下交差点北西すぐの旧東海道へ入り(写真右)保土ヶ谷宿へ進む。


商店街に入ってすぐの浅間神社。6月4日、商店街はまつりの準備で早朝から活気ずいていた。


芝生(しぼう)の追分は旧東海道と八王子道の分かれ道、左道を進むと松原商店街(旧東海道)に入ります。


江戸方見付跡と付近の街並み。


右は橘樹神社、 左写真はタマちゃんで有名になった帷子川(かたびら)で旧東海道の
天王橋から撮影。 天王橋


広重画検証:左写真天王町駅前公園内に橋の欄干の一部分があり、ここに旧帷子橋(新町橋)があった。
川を作り直したため全く面影はありません。


保土ヶ谷駅西口商店街にある助郷会所跡、助郷村の代表が出勤し人馬の手配、不正の監視など行っていた。
標識拡大1 標識拡大2


保土ヶ谷駅西口商店街にあります。

保土ヶ谷宿(その1) 保土ヶ谷宿(その2)

次は戸塚宿 熱田参りじゃ
次は神奈川宿(お江戸日本橋へ)

神奈川県の巻 55箇所 トップページ

インターネット地図検索サービス
「るーとMap」で、行き先までの道順を調べよう

神奈川県のホームページ

横浜市保土ケ谷区ホームページ