堀田駅周辺案内(その1)

The Horita station circumference guidance


名古屋市交通局リンク:堀田駅時刻表 市バス時刻表 なごや乗換ナビ 地下鉄所要時間


右は駅前通りから東、妙音通〜新瑞橋方面。左は駅前通りから西、伝馬町〜神宮西方面を撮る。

八丁なわ手と松田橋遺構
史跡コース街道コース駅から南へ約200メートルのところにある
松田橋遺構の案内(写真左) 写真右、茶色の帯(旧東海道)の左端は山崎橋(1)へと続いて
呼続〜笠寺へと繋がる。右は精進川(改修工事のため現在は新堀川)
に架かる裁断橋(3)を渡り伝馬町一里塚(4)へ入る。
松田橋(2)と宮地区間約1キロは国道1号線、都市高速の大工事により
大きく変わり跡形は全くありません。

旧東海道(宮宿、熱田区七里の渡し)
旧東海道(熱田神宮) 旧東海道(熱田区裁断橋) 旧東海道(宮一里塚)
旧東海道(瑞穂区松田橋) 旧東海道(南区呼続、山崎橋、山崎城址西)
旧東海道(南区呼続、白豪寺東)旧東海道(南区呼続、富部神社東)
旧東海道(南区笠寺付近)旧東海道(緑区丹下地区)旧東海道(緑区鳴海宿)


堀田駅から南へ約300m、この付近に旧東海道が通っていたと思われます。 東之宮神社


左:松田橋から西の熱田神宮方面を見る、写真の南側歩道が旧東海道の雰囲気を思わせる建物がありました。
右:松田橋から東の山崎橋方面を見る。


史跡コース街道コース現在の松田橋交差点付近(地図の2)と
西北角にある旧東海道松田橋遺構と八丁なわて公園


史跡コース駅すぐ北にある
浜神明社は天照大神を祭神とし、天正17年(1589年)の刻銘のある
月侍供養碑は市内最古のもので、民族的資料として価値が高い。
昭和63年名古屋市有形民族文化財に指定された。 浜神明社


東之宮神社から北西約400m、浜神明社境内の奥に建つ月待供養碑。 リンク:月待供養碑

旧東海道、松田橋から伝馬町一里塚跡まで

堀田駅(その1) 堀田駅(その2)

伝馬町(循環右回り)当駅名城線次は妙音通(循環左回り)

地下鉄路線図に行く

堀田駅 インターネット地図検索サービス
「るーとMap」で、行き先までの道順を調べよう