東海道五十三次三十九番目、藤川宿(間の宿、本宿)


江戸方入り口に建つ本宿


赤坂宿と藤川宿の中間の本宿(間の宿):江戸方入り口に建つ案内版


赤坂宿と藤川宿の中間の本宿(間の宿):江戸方入り口に建つ案内版


名鉄名古屋本線:本宿駅


法蔵寺境内にあります。


法蔵寺境内にあります。


法蔵寺。関連:徳川家康公が幼児に勉学されたとされる法蔵寺


法蔵寺境内にあります。新撰組隊長近藤勇は明治元年35歳で刑場の露と消えましたが・・・・・



本宿村の道路元標と常夜灯。


欣浄寺と案内版


東海道一里塚跡と付近の町並み



左:豊橋から徒歩で来た静岡の3旅人と本宿で意気投合し、「旅人に幸せあれ」記念撮影。右:京方入り口の松並木

藤川宿(間の宿、本宿) 藤川宿(その1)  藤川宿(その2)  

次は岡崎宿 熱田参りじゃ
次は赤坂宿(お江戸日本橋へ)

55箇所 53次愛知県の巻 トップページ

インターネット地図検索サービス
「るーとMap」で、行き先までの道順を調べよう