東海道五十三次、 藤沢宿(その1)

広重、藤沢、遊行寺


広重画検証:ガス測定局の場所が良く似ていると撮ってみました, 森の手前に冠木門(黄色の矢印)が見えます。


14番目茅ヶ崎一里塚、京方より順に掲載、平成23年6月3日。


茅ヶ崎市1号線の松並木。幹周り2.2メートル推定樹齢400年の松も育っていると言う(昭和62年9月現在)。


右鳥居が大山道、左が旧東海道となります。


13番目辻堂一里塚跡。


伊勢山橋、藤沢宿の京方見附跡付近。


旧東海道より白旗交差点を北に約200メートル行くとある大きな神社。


左写真の小さな石碑、「源義経史跡・藤沢市」と「九郎判官源義経公之首塚」と刻まれている。


済美館、1951年まで市役所が置かれ市の歴史・経済の中心でした。


藤沢宿・問屋場跡と付近の街並み。


藤沢宿(その1) 藤沢宿(その2)

次の宿は平塚宿 熱田参りじゃ
次は戸塚宿(お江戸日本橋へ)

神奈川県の巻 55箇所 トップページ

インターネット地図検索サービス
「るーとMap」で、行き先までの道順を調べよう

神奈川県のホームページ

鎌倉市ホームページ

藤沢産業センター

古都鎌倉自由自在

江ノ島電鉄