愛知・38市史跡・社寺めぐりー稲沢市(その2)


万徳寺。 万徳寺


大国霊神社。左は重要文化財の楼門。右は本殿工事中のため、仮本殿。「国府宮
はだか祭り」として尾張、三河はもちろん伊勢、美濃地方にも広く知られています。
尾張大国霊神社(国府宮) 尾張大国霊神社(国府宮)


稲沢市出身の荻須記念美術館。 荻須記念美術館


国分寺1。  由緒 国分寺


国分寺2。


矢合観音。子供の頃からおふくろに霊験あらたかな観音さまと教えられました。
その後何度も参詣しました。現在も名鉄・国府宮駅から定期バスが運行されてい
ます。右写真は観音前の植木、盆栽道として賑わっています。 矢合観音

googleマップ・リンク矢合城跡

googleマップ・リンク 尾張国分寺跡


萩の花で有名な円光寺。この地区一帯は尾張の植木一大産地として有名で今日も
観光バス数台駐車していました。 円光寺


性海寺1。「あじさい寺」として賑わいます。 性海寺


性海寺2。


性海寺3。


性海寺境内の三宮社。


性海寺西の大塚古墳。


禅源寺。宝光寺から北へ入ること約500m、禅源寺に立ち寄る。徳川三代将軍家光公.上洛の折
休息所となった。 禅源寺


金神社。御由緒拡大 金神社


下津小学校北西にある小さな森は石碑が5基(右)建つ社で社名不詳。


下津城址:尾張守護代織田敏広の居城であって永享四年には将軍足利義教も宿泊したという。
下津小学校向かい側。頼朝が開いた鎌倉街道は日本中で一番重要な交通路で京都から近江→美濃→
を経て木曽川を渡り、尾張黒田→一宮を経て下津を通り、六角堂(長光寺)→萱津→熱田へと
通じていた。 下津城址


下津城址から西南約300mの旧岐阜街道沿いに建つ頓乗寺。


八剣社から東へ約200m、名神一宮インター西の信号交差点を右折南下すると左側に下津小学校、
更に南を100m左に入ると。街道址碑、東隣に住吉神社(上)があります。ここの西方に岐阜街道が
整備されるとともに街並みも移転して街道の機能が失われていったと記されています。
住吉神社


住吉神社から南へ約400mにあるお寺です。


神明社と裏手にある石碑群。東西約2.5km、南北約3.0km の範囲に及ぶ「下津遺跡群」が形成され
現青木川の自然堤防に沿って伸びる鎌倉街道が推定され、拠点集落が営まれたことと思われる。
ここは地区の中心地で東、西国府という地名が残っています。


円光寺。広鎌倉街道沿いにあるお寺です。北から順番に掲載してあります。


円通寺。鎌倉街道沿いにあるお寺です。北から順番に掲載してあります。。


阿弥陀寺。鎌倉街道沿いにあるお寺です。北から順番に掲載してあります。。


妙長寺。鎌倉街道沿いにあるお寺です。北から順番に掲載してあります。


街道(推測)の色濃い地蔵堂や石仏が見られます。やがて県道62号線井之口交差点を
斜めに横断しjr稲沢貨物線の東を南下し四ツ家追分に出ます。


右の道標は元この場所にあったものですが破損と道路事情からすぐ南の長光寺門前に移された。
左「京都」、右「ぎふ」と彫られている。中は「四ツ家追分」の記念碑と鎌倉街道下津方面を写す(左)
四ツ家追分

稲沢市(その1) 稲沢市(その2) 稲沢市(その3) 稲沢市(その4) 稲沢市(その5) 稲沢市(その6) 稲沢市(その7)

53次愛知県の巻 トップページ リンク:名古屋鉄道