愛知・38市史跡・社寺めぐりー犬山市(その1)


国宝犬山城(合成写真) 犬山城の歴史


犬山城入り口の大石(中)。左端は薩摩義士の石碑(木曽川の治水に捧げた義士の記念碑でしょうか)
下山順一郎胸像(右端)。 いずれも入り口に並んであります。

天主閣の構造 リンク:犬山城


天主閣の展望、木曽川上流(右)。下流(左)。


濃尾平野を一望できる天下の要塞(城の岩盤は強固、木曾の激流に耐えた)。背後は木曽川。


名古屋駅前の超高層ビルがぼんやり見えます。


犬山城の東を流れる郷瀬川と遊歩道。


郷瀬川が木曽川に流れ落ちる彩雲橋に立つ「名勝木曽川」の風景、石碑と日本ラインの
説明板。 彩雲橋


犬山城を見上げる木曽川べりの桜並木の遊歩道。


犬山橋。以前はこの山の頂上に絶景を見下ろす料亭が建っていた記憶が甦ってきます。



ゆるやかな城への登り道。途中右にある稲荷神社。


龍泉院。


臨渓院。 龍済寺・臨渓院・犬山遊園駅


創建当時は輝東庵として、瑞泉寺参道に面して建てられた。その境内にあります。
江戸の東北庵、飯山の正受庵、犬山の輝東庵は天下の三庵といわれる。


龍済寺。文安3(1446)年、雲谷玄祥禅師によって建立された。永禄8(1565)年
信長の犬山城攻略で焼失。9年後の天正元年に再建。左はこの山から見る犬山城


臨渓院境内の「おりつる観音」。左はすぐ下の犬山遊園駅。


準備万端、お待ちしていまーす。!!


鵜飼船乗り場から見る犬山城(左)。右は対岸(鵜沼南町)から犬山市街を撮る。


名鉄線犬山橋南たもとにある「内田の渡し」と常夜灯。次回は次の鵜沼宿に向かいます。
内田の渡し説明 内田の渡し


犬山橋ツインブリッジ。 説明文拡大


稲置街道はここ鵜沼宿(中山道)で分岐・合流し名古屋、京都、へ。左は 大安寺川橋
から見る街道東方面。

小牧市〜犬山市: 史跡・社寺めぐり 犬山市:史跡・社寺めぐり(その1)

犬山市:史跡・社寺めぐり(その2)

犬山市(その1) 犬山市(その2) 犬山市(その3) 犬山市(その4) 犬山市(その5) 犬山市(その6)
犬山市(その7) 犬山市(その8)

稲置街道(犬山宿その1) 稲置街道(犬山宿その2)
稲置街道(犬山宿その3) 稲置街道(楽田)

you tubeリンク 名鉄1030系パノラマスーパー前面展望 新鵜沼−豊橋

トップページ リンク:名古屋鉄道