愛知・38市史跡・社寺めぐりー尾張一宮市(その1)


この木曽川河川敷公園の対岸に鎌倉街道・羽島市南宿・北宿の「及が橋」があります。
「及が橋」付近の拡大図(愛知県図書館蔵書コピー)


賀茂神社。中世は境内の前を鎌倉街道が通っていたことから、文人墨客など多く訪れ
また多くの作品の中に登場しています。左は境内の雛人形の祭壇を飾る建物。
由緒記拡大 賀茂神社


賀茂神社境内の古神門。


霊泉玉ノ井清水。玉ノ井清水説明拡大


飲めますの案内で水道水以外は何十年記憶に無いが飲みました。まろやかな
後味の良い感じがしました(左)。右は鎌倉初期の歌人飛鳥井雅経の歌碑。


念敬寺と墨宇吉の像(黄色の矢印)。宇吉は尾州織物の改良を頼まれ研究努力の結果,
目を見張る艶出し技術の尾州織物を完成させた。 リンク帝國博物学協会:玉ノ井城址 


川合玉堂生誕の地、記念碑前の街道。木曽川図書館前に建っています。
川合玉堂生誕の地


剣光禅寺。尾張六地蔵第一番の霊場で頼朝が上洛の折、地蔵菩薩を拝し持って
いた宝剣を奉納し、田畑を寄進したという。 剣光禅寺


現街道がjr木曽川駅南約100m、踏み切り左の黒田小学校の東北角にあります。当時はすぐ
東の法蓮寺境内ではなかったかと思われます。 山内一豊生誕地の黒田城跡


右は黒田城跡、 黒田城跡説明拡大。 左は山内一豊父子の墓がある法蓮寺。


JR木曽川駅南端の児童公園にある正岡子規見染塚。関連: 今渡の渡し場跡
正岡子規見染塚


大神神社。 境内狛犬 大神神社/薬師寺


薬師寺。 説明文拡大


尾張猿田彦神社。 リンク:尾張猿田彦神社


善福寺。 善福寺/宝勝寺


善福寺境内の「福士幸次郎先生原日本考発想之地」碑(左)。「尾張は日本のメソポタミヤであり、
木曽長良の両川はチグリス、ユウフラテスにあたる」の記念碑(右)である。 リンク:青森県立図書館
福士幸次郎先生は善福寺に2ヶ月逗留しました。 メソポタミヤ 尾張国


宝勝寺。臨済宗妙心寺派。


広大な境内を誇る妙興寺の総門。名鉄線の駅名にもなっています。 妙興寺 妙興寺総門説明拡大


妙興寺の総門をくぐると勅使門。勅使門説明拡大



左:妙興寺仏殿。右山門。


妙興寺境内にあります。


妙興寺境内にあります。


妙興寺境内にあります。宝匡印塔。境内散策は大自然の中のようです。


妙興寺から西へ約600m、ゴルフセンターすぐ西にあります。 笠懸の松


牛野神明社。左写真の細い道が鎌倉街道といわれます。 牛野神明社


牛野神明社と境内の照手姫袖掛け松。


河曲橋。 現大江川に架けた鎌倉街道の橋であった。源平盛衰記に源行家が下津に陣し此処で
決戦したと伝え、尾張藩主徳川義直がこの橋を架けたという。 河曲橋


鎌倉街道資料を参考にし跡形ない道を方向付けして東へ進む。jr線をくぐりすぐ右手の
油田遺跡(右写真)です。
降臨伝承地 更に東へ行くと県道沿いに赤池古墳(左)がある。 赤池古墳


油田遺跡。二回目の訪問です。 油田遺跡之碑拡大


赤池古墳から更に東へ約500m、八剣社の森が目に入る、鳥居すぐ横に石地蔵が3体向き合っている(黄色矢印)


八剣社から南下し、赤池古墳から来る道と合流する地点(右写真,黄色矢印)に
建っています。 赤池一里塚址


赤池一里塚址の碑文を拡大したものです。

尾張一宮市(その1) (その2) (その3) (その4) (その5) (その6) (その7)

トップページ リンク:名古屋鉄道