鎌倉街道(東宿→熱田神宮その2)



露橋・神明社から東へ約700m、都市環状高速道下のこの稲荷神社で
鎌倉街道を確認して、熱田神宮に向けスタートします。。 稲荷神社 露橋・神明社


稲荷神社朱塗りの本殿と由緒記。この付近から美濃路(鎌倉街道が先に出来ていた)
沿いながら南の神宮に向かう。拡幅された現伏見通りに沿ってあったと推測します。


伝昌寺内の芭蕉句碑「ぬれてゆく人もをかしや雨の萩」(左写真)。ここ古渡3丁目は
古渡(美濃路)一里塚があり旅人の往来も盛んであった。


古渡(美濃路)一里塚付近からは美濃路、鎌倉街道が通り神宮までは南へ、下段のごとくに
西、東に史跡が多くあった。


闇之森八幡社。街道の西へ約200mのところです。 源為朝


闇の森八幡社(くらがりのもり)境内にあります。


南下する街道から約300m西に行く。佐屋街道追分より約200m。 元興寺跡


南下する街道沿いでしょうか。


南下する街道沿いでしょうか。尾張鍛治の発祥の地。金山の地名もここからといわれる。


南下する街道から約200m西に行く。


左は堀川に架かる住吉橋、橋桁がアーチ形になっているのは珍しい。右住吉神社境内。


南下する街道から約200m西に行く。境内には芭蕉、士朗、岳ろらの碑があります。


畑中地蔵大菩薩。説明文拡大表示 畑中地蔵大菩薩


熱田台地の中心を通る街道筋の東縁辺部にある遺跡とあり、やはり街道が裏付けされる。


太閤秀吉幼い頃、母に手を引かれお参りされたとの言い伝えから「太閤出世稲荷」
と古くから立身出世、商売繁盛のお稲荷さまとお参りが絶えません。東へ入る。


南下する街道から東へ入る。 高座結御子神社


南下する街道から東へ入る。


南下する街道から西に行く。


ここは熱田神宮の西門前に位置し、源頼朝の出生地であります。


1900年の歴史を誇る熱田神宮(写真は西門)と鎌倉街道を創設した源頼朝の出生地門前という歴史の前に
揺るぎない街道が鎌倉まで伸びて行きます。 源頼朝の出生地。今回の小さな旅はここまでとします。

鎌倉街道(木曽川町〜一宮市その1) 鎌倉街道(木曽川町〜一宮市その2)
鎌倉街道(稲沢〜甚目寺その1) 鎌倉街道(稲沢〜甚目寺その2)
鎌倉街道(東宿→熱田神宮西門その1) 鎌倉街道(東宿→熱田神宮西門その2)

徳重駅周辺案内(その2,鎌倉街道) 野並駅周辺案内(その2,鎌倉街道)
鶴里駅周辺案内(その1、鎌倉街道) 桜本町駅周辺案内(その1、鎌倉街道)
桜本町駅周辺案内(その2、鎌倉街道) 鎌倉街道(呼続→熱田神宮東門その1)
鎌倉街道(呼続→熱田神宮東門その2)