上飯田駅周辺案内(その1)


名古屋市交通局リンク:上飯田駅時刻表 市バス時刻表 なごや乗換ナビ 地下鉄所要時間

名鉄:名鉄各駅時刻表


上飯田駅。左:南、平安通り〜大曽根方面。右:北、味鋺〜小牧方面を撮る。


上飯田天満宮とも呼ばれる。 六所宮


美しい石庭です(左)。 長全寺


長全寺境内の涅槃佛など。


文安元年(1444)の創建。本尊薬師瑠璃光如来像は、弘法大師42歳のときの作といわれ、
辻薬師または厄除薬師と呼ばれています。


平成15年”ひつじ年”の羊神社です。
駅から西北へ約500メートルのところにあります。 羊神社

黒川「御用水跡」
甦れ!!歴史とロマンの美しき流れ
写真1と2は駅から北へ約1キロ、庄内川に架かる水分橋の南堤防下にあります。
写真3は矢田川右岸堤防下の矢田川伏越樋(駅から約400メートル北)で
矢田川の下を通り4の黒川樋門に導水されている。2の庄内用水元杁樋が
堀川の源流となり、更に4の黒川樋門から黒川(御用水跡)堀川
白鳥御材木場・御船蔵跡熱田(七里の渡し)、⇒名古屋港
片方は左は庄内用水路へと分かれて総延長28キロ、北区⇒西⇒中村⇒
中川区の田畑(昭和30年ころまで)を潤しながら荒子川へつながっている。
まさに430年前の愛知用水の難工事といった所でしょう。 庄内用水元杁

御用水跡
駅から北へ約200メートル黒川の左岸堤にある。


別小江神社


庄内川、矢田川に囲まれた瀬古地区には水屋と呼ばれる土地を高くし、家屋、蔵などを
水害から守る家屋敷が見られます。


左は庄内川に架かる水分橋。右は堤防下の庄内用水元杁。上記トップ写真参照。


庄内川右岸堤防下にある高牟神社と東隣の石山寺。石山寺は鎌倉時代、道円の開基、
尾張二代藩主徳川光友が再建したが戦災により消失。 高牟神社・石山寺


上記石山寺境内のお堂と石仏群。


間黒神社拡大 間黒神社


常雲寺(右)と境内の庚申堂(庚申信仰に基づいて建立される仏堂のひとつ) 。

上飯田駅(その1) 上飯田駅(その2) 味鋺駅(名鉄小牧線)

平安通(平安通終着駅)当駅上飯田線次は 味鋺(名鉄小牧線犬山行き)

地下鉄路線図に行く

上飯田駅 インターネット地図検索サービス
「るーとMap」で、行き先までの道順を調べよう

地下鉄上飯田線開業のお知らせ