聚楽第跡,京都市内特集


聚楽第。安土桃山時代の末期、豊臣秀吉が建てた政庁兼邸宅である。竣工して8年後に取り壊されたので、
分からないことも多く、まぼろしの御殿でした。本サイトは秀吉が出世街道を駆け上がり、その一環と
して生誕(名古屋市中村区)から生涯を終えるまでを史跡(ここは石碑ばかり)を通じてカメラ
リポートいたします。 聚楽第


左写真黄色の矢印が「聚楽第址」の石碑。 聚楽第址


豊臣秀勝邸跡伝承地。説明文拡大


左は聚楽第跡地・松林寺付近の佇まい。右は秀勝邸跡伝承地とされる場所(上記)。


山門を潜ると緩やかな下り坂になっています。 松林寺


松林寺門前の説明板。


鵲(かささぎ)大明神を祀る松永稲荷と付近の佇まい。右端の石碑に「聚楽城鵲橋旧跡」と彫られています。





説明文拡大



京都市内


ハイビジョン動画:銀閣寺

御土居(おどい) googleマップ・リンク御土居(おどい)

googleマップ・リンク二條陣屋

googleマップ・リンク本能寺跡

googleマップ・リンク豊臣秀吉 妙顕寺城跡

googleマップ・リンク豊臣秀吉・豊国廟

伏見桃山城 googleマップ・リンク伏見桃山城


織田信長公塚石。


伏見・指月城跡。 説明文拡大

googleマップ・リンク総本山智積院

京都慕情

京都(その1)京都(その2) 京都(その3山科地区)
  京都(その4聚楽第跡,市内特集)  京都(その5東福寺紅葉特集)
京都(その6、建仁寺から円徳院まで第1部)
京都(その7、高台寺から豊国神社まで第2部)

太閤・秀吉公 尾張・美濃史跡めぐり(その1) 太閤・秀吉公 尾張・美濃史跡めぐり(その2)

(その3) (その4) (その5) (その6) (その7、関が原合戦特集) (その8、天王山山崎合戦特集)

(その9、天王山山崎合戦⇒淀城跡⇒伏見・指月城跡まで) (その10、京都市内御土居から妙顕寺城跡まで)

太閤・秀吉公さま 史跡めぐり(近江・長浜城)
太閤・秀吉公さま史跡めぐり(聚楽第跡,市内特集)
太閤・秀吉公さま史跡めぐり(最終:京都〜大坂城)

トップページ 京都三条大橋 京都へ行くのじゃ
次は大津宿(お江戸日本橋へ)

京都の巻|55箇所|トップページ

京都駅 インターネット地図検索サービス
「るーとMap」で、行き先までの道順を調べよう