明治の東海道(その1)

明治の東海道(その1)


明治の東海道をご訪問下さいまして有難うございます。

「明治の東海道」の熱田起点(左)と「ふたつやの渡し」弥富市終点(右)。


旧佐屋路は明冶5年に宮(熱田)から弥富市の前ヶ須まで新しく東海道が開通し、
「佐屋三里渡し場」は明冶中頃廃止され約5キロ下流の「ふたつやの渡し跡」が
使われるようになりました。右は石碑前の川にコンクリート階段がありこれが
船の乗り場と思われます。


古く江戸時代の宮宿(熱田)〜桑名宿間は海路七里の渡しと、陸路神守〜津島経由の佐屋街道(佐屋〜
桑名間・三里の渡し)でしたが佐屋三里の渡しが河川の堆積物により船が使え無くなり、明治5年下
流の「ふたつや」の渡し場、前ヶ須(弥富市)〜熱田が開設されたのが明治の東海道でした。その
後北に国道1号線(昭和9年完成)、戦後南に国道23号線(名四国道)が開通し、この「明治の東海
道」は役目を終え、町の生活道路として今も中心的存在となっています。


佐屋街道:中川区福祉会館前の説明板


「明治天皇焼田港御着船所跡」記念碑。元海西郡焼田港。由緒記に書かれていますように
明治天皇が明治元年遷都で京都・御所から江戸へ赴かれた際大津、石部、土山、関、四日市と
順調な旅を続けられたが桑名から佐屋宿へ渡るとき支障を来たし「明治の東海道」が新田の開
発が進んだ熱田新田、当知町、南陽町、十四山村を経て弥富町・前ケ須「ふたつやの渡し」へ
と移行して行きました。 記念碑台座の由緒記。


国道1号線熱田南交差点(戦前は熱田神宮南門前)。さしずめ日本橋起点(東京) に当たる中部の道は
すべて熱田から始まる・・・そんな道路起点でしょうか。更に国道247号線(東海市〜西尾市〜豊橋市)
の起点。江戸時代からの東海道陸路のターミナル宿場。佐屋街道、美濃街道の起点。今回旅する「明治の
東海道」もここを起点としていました。ここに世界一のエコ車専用のターミナル宿駅を提案。


藤江寺(左)の門前に下記の道標が建っています。右は熱田南交差点北西角の西福寺。ここから
旧東海道西の端、追分前の「ほうろく地蔵」まで直線距離約150mくらいです。


左写真は寺前の国道1号線。右は藤江寺山門両側のの仁王像。浄土宗西山禅林寺派 木像薬師如来坐像
薬師如来坐像/藤薬師/とうやくし。中央は寺前の道標。相当古い物で文字が欠けて判読しがたい。
道標文字拡大左列田中村(当時の地名) と記されている。


「明治の東海道」は起点から南へ、渡し場のすぐ上流大瀬子橋(左写真)を渡り千年の街に入ります。
右は対岸から見る渡し場風景。 大瀬子橋


大瀬子橋から南下した街道はここ八幡神社先で右折し、東海通りに出、千年交差点から西へ直進します。
もとは尾張藩徳川家の下屋敷南庭に鎮座されていましたが、天保8年(1837)に現在地付近に遷座された
ものです。八幡神社由緒拡大 八幡神社


辰巳町付近の狭い道が現東海通りと南約50mを平行し東海橋東まで伸びています。
これが明治の東海道ではと思わせる雰囲気の街道です。


千年(ちとせ)交差点から左の狭い街道の入り口付近にある光賢寺の石仏像群。
曹洞宗。当寺に安置されている円空仏(聖観音立像)は、文化年間(1804?1817)に
道光という人が自宅を堂舎にして、荒子観音寺から勧請したもので、新田の天災
からの加護を願ったものである。以上港区役所説明文引用。左は西光寺。
西光寺


弘禅寺。 途中の「南陽町ふるさとめぐり」をご覧下さい。


大音寺。この先「明治の東海道」は明徳橋、日の出橋を渡り南陽町から弥富市へ入ります。
大音寺


日の出橋を渡り新川右岸堤防を南へ行き祠(右端、天照皇大神宮を祀る)の先を右折する。
左端の道(左)をまっすぐ西へ行く。途中の地蔵堂(中)。 新川右岸堤防右折場所


重正寺。 重正寺


正福寺と郵便局前の大きな石碑(不明)。


妙光堂と堂前の明治の東海道の街並み(左)。


七反野地蔵堂。庄内川と戸田川の中間にあたり、新田工事犠牲者の霊を弔い、堤防が切れないように
との願いをこめて、地蔵堂を建立したと記されています。


七反野神明社。


山神社。 山神社


「明治東海道」沿いの超願寺と徳照寺。 徳照寺


未開の港区南陽町一帯の開拓に貢献した鬼頭家宅跡の面影です。「明治東海道」
関連:旧兼松家武家屋敷門 主税町長屋門 鬼頭景義宅址長屋門 鬼頭景義宅址長屋門


南陽神社。


南陽神社と役場跡の記念碑。


左:東福橋から南を撮る。右は北方面戸田川緑地を望む。、 東福橋


熱田社。 熱田社由緒 熱田社


茶屋後神明社。


茶屋後神明社境内の秋葉神社と関戸家顕彰碑。 茶屋後神明社由緒


茶屋後神明社西の福田川。左は北上流方面、右は南下流方面を撮る。

佐屋宿から伊勢長島。 熱田から弥富市前ケ須まで明治・東海道


江戸時代、佐屋街道「三里の渡し」の航路図(愛知県図書館出稿)。明治天皇ご一行は
桑名宿から佐屋宿へ「三里の渡し」を航海中、焼田港付近で川の堆積物などで進めなく
なり焼田港でご着船になりました。是が契機となり「明治の東海道」が開発されました。

明治・東海道(その1) 明治・東海道(その2) 明治・東海道(その3) 伊勢・長島

次は福田宿 熱田へ行く