明治の東海道(その3)

明治の東海道(その3)


八幡神社と大慈院。


弥富市天然記念物・おみよしの松(黒松)。 おみよしの松


おみよしの松・ポケットパークに建つ山口誓子の句碑。


見事な幹と枝が圧巻です。水難の碑(伊勢湾台風)は元総理大臣・岸信介書です。


須佐之男神社。左の大木の根っこから何年経ったかなと思いめぐらす。 須佐之男神社


弥富市民族歴史資料館(右)と弥富町道路元標(中)及び向かい側の崇録稲荷大明神(左)。


筏大橋から下流(左)、と上流(右)を撮る。中は筏大橋の親柱、年号は明治四十巳み?年5月と
刻まれています。 ふたつや道標


渡し場乗船階段(左)旅の道中を守る地蔵堂(中)「ふたつやの渡」の道標(右)。


「ふたつや」の渡し場筏川下流の桜(左)。右は蓮如堂。 蓮如堂


木曽川に架かる国道1号線尾張大橋と西詰め(桑名市長島町)の大きな東海道道標。
左端の道標年号は明治○六年4月1日と読めますが年が判然としません。


画像の中の赤い文字をクリックして下さい
この三里の渡し航路図は愛知県図書館蔵書「佐屋街道」からコピー
拡大したものです。


近鉄・弥富駅前から出る「木曾岬町自主運行バス」で終点・上松永で降り、国道23号線木曾川大橋を
歩いて東海道七里の渡し・青鷺川旧跡に向かう。ほぼ橋の中間点から長島町方面(左)、木曾岬町方面
(右)を撮る。 木曾川大橋・中間撮影場所


国道23号線木曾川大橋(中)。大橋のほぼ中間点から撮る(左、右)。


東海道七里の渡し・青鷺川旧跡。 青鷺川旧跡


青鷺川旧跡説明板拡大。


青鷺川旧跡のすぐ南に鎮座する伊曾島神社。

弥富・長島小さな旅 青鷺川旧跡

明治・東海道(その1) 明治・東海道(その2) 明治・東海道(その3) 伊勢・長島

佐屋宿及び「ふたつやの渡し」から伊勢長島。 熱田から弥富市前ケ須まで明治・東海道

次は伊勢長島亀山宿へ行く 次は「ふたつやの渡し」,弥富市前ケ須熱田へ行く