東海道五十三次、水口宿(滋賀県)の旅(平成10年版その1)


広重、水口、名物干瓢

水口は都から伊勢へ通じる交通の要所であった。
水口宿を見下ろす古城山、正面は国宝本尊観世音、
大岡寺(芭蕉の句で名高い桜の名所)とその石碑

滋賀県指定史跡水口城は寛永11年三代将軍
徳川家光が京都に上洛することになりその道中となる
水口に専用の宿館を築いた。築城は幕府直営で行われ、
その作事奉行には小堀遠州らのべ10万人が動員された
という。

近江鉄道の駅前に左下のような小さな東海道の
石碑があった。その先に写真のような東海道水口宿
の銘板をはめ込んだ豪華な台に時計を収めた神社風
屋根のガラスケースが一際目立った。ここで道が
三本に分かれて、先で一本になって土山宿へ行くと
のことでした。

三本に別れた道のうち賑やかな通りを
しばらく行くと当時の佇まいの水口宿升屋旅館が眼に入る。

水口の町には今もこのような町並みが多く存在して
宿場風景が随所に見られる。平成10年5月3日撮影

パソコンサーバー容量540キロバイト(1台約35〜40万円)、1バイト(英語小文字約1字)さえ
大事に扱った時代でした。平成10年5月3日撮影しましたが掲載できなかった写真を以下に追加しました。


水口宿を見下ろす古城山


今も変わらぬ水口コミニュテイセンター


水口宿の商店街と駅前付近


水口城


水口城

水口宿(平成10年版その1)水口宿(その2) 水口宿(その3)

次は石部宿 京都へ行くのじゃ,
次は土山宿(お江戸日本橋へ)

53次滋賀県の巻 55箇所 トップページ

インターネット地図検索サービス
「るーとMap」で、行き先までの道順を調べよう

水口曳山まつり

水口町国際交流協会

滋賀県の巻に行く