中山道 脇往還:美濃路(大垣宿その3)

中山道(中仙道)脇往還:美濃路の旅
宿場名,下段の街道名をクリックして下さい
美濃路新川橋西詰めポケットパークにある説明版を拡大。
信長をはじめ 秀吉家康前田利家山内一豊佐々成政丹羽長秀など
この街道を縦横に飛びまくって出世して行った。出世街道と言われる由縁もここにあると思います。
そして彼らを支えた「ねね」は地元「まつ」も2キロ圏内(七宝村)に生まれた。

中仙道往環・美濃路の旅(大垣宿第1部) 中仙道往環・美濃路の旅(大垣宿第2部)


「奥の細道むすびの地」にある芭蕉と木因の銅像。伊勢へ旅立つ芭蕉とそれを見送る木因
(右写真)の像です。  川を下り伊勢神宮へ向かう途中、大智院で下船、信宿しました。
関連:長島・大智院
美濃路:大垣市「奥の細道」結びの地


「奥の細道むすびの地」記念館(市総合福祉会館内)の北側にある句碑群。
毎年市民から選ばれた句が記念として刻まれています。
大垣市ホームページ:奥の細道むすびの地 芭蕉と大垣


正覚寺境内にある芭蕉・木因の遺跡。


左は正覚寺境内の芭蕉・谷木因の句碑・句塚など、谷木因の墓もあります。右は愛宕神社(船町)、
大垣駅東,錦町にも同名の神社があります。


愛宕神社前から美濃路(西方)を写す。右は向かい側の水神神社前バス停の「芭蕉元禄の街」を撮る。


31号線塩田橋手前を左折し美濃路を西南へ行くと旧塩田橋、大垣市景観遺産指定・杭瀬川の
塩田常夜灯が目に入る。


塩田常夜灯下の道標(是より養老公園道)と刻まれている。左は杭瀬川の塩田港あたりを写したもので、
常に20〜30隻の船が停泊してたという、この景色では全く想像出来ません。右岸は養老公園道。


旧塩田橋を挟んで建つ秋葉神社。左が橋の東。この付近で賑わった商家は今は一部取り壊され寂しい限りです。


塩田橋を渡りしばらく歩くと右に長源教寺、左はお寺付近の町並み。


谷汲山常夜灯と杭瀬川右岸堤防。


谷汲山常夜灯を左折し西へ進むと久徳一里塚、両側あればもちろん国史跡でしょう。


白髭神社と付近の町並み。境内池の底から水が湧き出ている。
工業用地下水の使用量が減ったため、地下水位が上がったといわれる。


美濃路(直進)道標を左折し長松城跡を訪ねる。竹中半兵衛重治の従弟源助重利の居城。
長松町(立源寺北)道標


荒崎小学校南側。ここから道標まで戻り美濃路(直進)する。


美濃路(直進)道標の手前約50メートルの立源寺。
道標で左折、右側に南宮大社元鳥居址の大きな石碑が2本立っている。


道標からすぐ近く右側。俵町薬木広場の飯沼・銅像と東南角にある飯沼邸跡


慈應寺。

大垣市は水と芭蕉句碑があふれる街の印象がさわやかでした。

美濃路(大垣宿その1) 美濃路(大垣宿その2) 美濃路(大垣宿その3)
美濃路:杭瀬川・塩田橋

これより美濃路

東海道・中山道・美濃路:環状歴史・出世街道
美濃路(名古屋宿その1) 美濃路(名古屋宿その2) 美濃路(名古屋宿その3)
美濃路(清須宿その1) 美濃路(清須宿その2) 美濃路(稲葉宿)
美濃路(萩原宿〜起宿その1) 美濃路(萩原宿〜起宿その2) 美濃路(墨俣宿その1)
美濃路(墨俣宿その2) 美濃路(大垣宿その1) 美濃路(大垣宿その2) 美濃路(大垣宿その3)
美濃路(垂井宿その1) 美濃路(垂井宿その2) 美濃路(垂井宿その3)

これより中仙道

中仙道(垂井宿その1) 中仙道(垂井宿その2) 中仙道(垂井宿その3)

中仙道(関が原宿その1) 中仙道(関が原宿その2) 中仙道(今須宿)

中仙道(柏原宿その1) 中仙道(柏原宿その2) 中仙道(柏原宿その3)
中仙道(醒ヶ井宿その1) 中仙道(醒ヶ井宿その2) 中仙道(番場宿)
中仙道(鳥居本宿) 中仙道(高宮宿その1) 中仙道(高宮宿その2)
中仙道(愛知川宿) 中仙道(武佐宿) 中仙道(守山宿)

これより東海道

東海道・中山道・美濃路:環状歴史・出世街道
草津 石部 水口 土山 坂下 亀山 庄野 石薬師 四日市 桑名

美濃路(垂井) 垂井宿へ行く 美濃路(大垣宿その1)宮宿へ行く