中山道 脇往還:美濃路(墨俣宿その1)

中山道(中仙道)脇往還:美濃路の旅
宿場名,下段の街道名をクリックして下さい
美濃路新川橋西詰めポケットパークにある説明版を拡大。信長をはじめ 秀吉家康
前田利家山内一豊佐々成政などこの街道を縦横に飛びまくって出世して行った。
出世街道と言われる由縁もここにあると思います。そして彼らを支えた「ねね」は地元
「まつ」も2キロ圏内(七宝村)に生まれた。 さあ出世?(アクセスアップ)目指して歩こう。


墨俣宿・本陣跡前の案内板。

中仙道往還:美濃路の旅(墨俣宿)


起宿・起渡船場(上の定渡船場)に対する羽島側の渡し場跡の石灯台。
今回の墨俣宿の旅はここからスタートします。


羽島側の渡し場跡の石灯台付近から対岸の起宿(左)と木曽川上流を望む。


起・定渡船場に対応する美濃側の船着場で金刀比羅神社 (大浦輪中の堤防の下)横を通り
約200メートル西へ進む。


旧木曽川堤防上にあったこの道標を民家の庭先に移転したもの。この突き当たりを右折して北に向かう。


民家の庭先の道標(黄色の矢印)とすぐ近くの地蔵堂から北を見る。


一乗寺。 一乗寺


一乗寺由来。


正木小学校内にある不破一色一里塚跡。 美濃路:羽島市不破一色一里塚跡


不破一色一里塚跡の町並み。ここから東へ約6キロ強には掛川〜高知城主まで出世した
木曽川・黒田に誕生した山内一豊がいた。


開白寺。前にあるコの字型に並んだ20体近い石の仏像は印象的でした(右写真)。


街道左側のスーパー「カネスエ」駐車場の横にあります。


ここより東北1.6キロ上流に鎌倉街道があったという。鎌倉街道・賀茂神社


間の宿のあった南宿・枝村(現足近町南宿)の案内板。ここ南宿・北宿の間に鎌倉街道の
宿駅があった。この先約800メートルが昭和30年代、新幹線羽島駅新設に伴う
区画整理によって美濃路が失われたとある。


間の宿のあった南宿付近の町並みと西方寺(羽島市で最古の寺)を案内する大きな石造の
道標(右写真)と上記案内板。高札場もあり、南宿村の「小休所」は加藤酒店加藤孫兵衛家が勤めた。


親鸞聖人御旧跡、美濃国太子寺跡の西方寺。関東より御帰洛のみぎり、当寺に留銭した時、
寺僧の佑善が聖人と師弟の契りを結び、浄土真宗に改宗したとある。

これより羽島市南部

羽島市


本覚寺。 説明文拡大 本覚寺


八劔神社。 八劔神社縁起 八劔神社玉垣新設趣意書


佛願寺。


加賀野井城跡。 加賀野井城跡/円応寺


円応寺。


石河邸跡。 碑文拡大 石河邸跡


竹ケ鼻城跡。 竹ケ鼻城跡


竹ケ鼻城跡に建つお城地蔵大菩薩縁起。


竹ケ鼻城跡とされる歴史民族資料館と展示物。


総延長3キロに及ぶ堤を急造し水攻めにした一夜堤の跡。 碑文拡大 一夜堤の跡


八幡神社境内の間島太閤山碑。 間島太閤山 裏面碑文 間島太閤山


竹ケ鼻一夜堤跡。 竹ケ鼻一夜堤跡


永照寺。 永照寺


竹ケ鼻城跡とされる歴史民族資料館と展示物。

美濃路(墨俣宿その1) 美濃路(墨俣宿その2)

これより美濃路

東海道・中山道・美濃路:環状歴史・出世街道
美濃路(名古屋宿その1) 美濃路(名古屋宿その2) 美濃路(名古屋宿その3)
美濃路(清須宿その1) 美濃路(清須宿その2) 美濃路(稲葉宿)
美濃路(萩原宿〜起宿その1) 美濃路(萩原宿〜起宿その2) 美濃路(墨俣宿その1)
美濃路(墨俣宿その2) 美濃路(大垣宿その1) 美濃路(大垣宿その2) 美濃路(大垣宿その3)
美濃路 垂井宿(その1) 美濃路 垂井宿(その2) 美濃路 垂井宿(その3)

これより中仙道

中仙道(垂井宿その1) 中仙道(垂井宿その2) 中仙道(垂井宿その3)

中仙道(関が原宿その1) 中仙道(関が原宿その2) 中仙道(今須宿)
中仙道(柏原宿その1) 中仙道(柏原宿その2) 中仙道(柏原宿その3)
中仙道(醒ヶ井宿その1) 中仙道(醒ヶ井宿その2) 中仙道(番場宿)
中仙道(鳥居本宿) 中仙道(高宮宿その1) 中仙道(高宮宿その2)
中仙道(愛知川宿) 中仙道(武佐宿) 中仙道(守山宿)

これより東海道

東・中・美:環状歴史・出世街道
草津 石部 水口 土山 坂下 亀山 庄野 石薬師 四日市 桑名

美濃路(墨俣宿その2) 垂井宿へ行く 美濃路(萩原宿〜起宿その2)宮宿へ行く