中山道 脇往還:美濃路(墨俣宿その2)

中山道(中仙道)脇往還:美濃路の旅
宿場名,下段の街道名をクリックして下さい
美濃路新川橋西詰めポケットパークにある説明版を拡大、家康
前田利家山内一豊佐々成政などこの街道を縦横に飛びまくって出世して行った。
出世街道と言われる由縁もここにあると思います。そして彼らを支えた「ねね」は地元
「まつ」も2キロ圏内(七宝村)に生まれた。 さあ出世?(アクセスアップ)目指して歩こう。

中仙道往還:美濃路の旅(墨俣宿)


境川左岸堤防道路は中世の鎌倉街道で、美濃路と共有となっている部分がある(左鎌倉街道。
右下り坂は美濃路)。西方寺まで「従是東五丁」と刻まれた坂井の道標と2体の小さな地蔵尊が見える(左写真)。



東小熊一里塚跡。境川左岸堤防にあります。


境川左岸堤防道路にある秋葉神社。


美濃路・墨俣宿を訪ねて墨俣1夜城に寄らない訳にはゆかない。
本陣跡から天守閣が見える桜並木(右写真)の新犀川堤防を約200メートル北へ行く。
左写真赤い矢印は金華山・岐阜城である。


本陣跡の真向かいには高札場跡があり ポケットパークとなっています(写真右)。ここから約3キロ南に9年前
取材した前田利家(勘当を解かれ出世の礎となった)森部古戦場がある。


墨俣宿の本陣跡と付近の街並み、西(大垣)方面を撮る。この本陣は慶長5年(1600)関が原合戦の時
伊達政宗が宿泊したと伝えられ、伊達様本陣と呼ばれたという。 墨俣宿:本陣跡


本陣跡から西へ約100メートルにある。


墨俣宿の脇本陣は大垣市景観遺産に指定されている。


右、本正寺の山門は脇本陣(左、写真)の門を移築したものである。


美濃路から脇本陣先を南に入ると六寺院が隣り合う寺町界隈、大垣市景観遺産に指定されている。


寺町3寺院が向き合う町並み。


満福寺。


脇本陣から更に西へ歩いて右側の津島神社。琉球使節通行記念灯篭(左写真)があります。


宿場街道が突き当たり、電気店を右折し北へ直進すると、この社で堤防へ上がり西進する。


東結(ひがしむすび)一里塚跡。馬頭観音と並んでいます。
今日(2011.12.13)の旅はここで終わります。


今日(2011.12.21)の旅は上記の東結(ひがしむすび)一里塚跡からスタートします。
輪中の堤防を西に行くと県道171号線と交差、角に木製の大きな道標があり「歴史の道 鎌倉街道 美濃路 
縁結びの結神社 照手姫ゆかりの町屋観音堂(左)」と書かれています。


町屋観音堂前の説明板、拡大合成したものです。


町屋観音堂の先を右折すると結神社(下記に由来)があります。観音堂前の美濃路を直進すると
佐渡(揖斐川)の西結び渡し場ですが全く痕跡がありません。この場所から美濃路(大垣宿その1)
対岸(大垣市)
を望む(左写真)。 結神社由緒拡大


街道から南へ約3キロ外れた森部の合戦跡。前田利家出世の森部の合戦 森部の合戦・薬師堂


森部の合戦跡から更に南へ約6キロ:真福寺は1240年代に羽島市大桑町大須に土地の人達
により建立された。左端は本堂両側にある菩薩像。現大須観音(名古屋)移転前の発祥の地。
真福寺説明拡大1 真福寺説明拡大2 羽島市大須・真福寺

美濃路(墨俣宿その1) 美濃路(墨俣宿その2)

これより美濃路

東海道・中山道・美濃路:環状歴史・出世街道
美濃路(名古屋宿その1) 美濃路(名古屋宿その2) 美濃路(名古屋宿その3)
美濃路(清須宿その1) 美濃路(清須宿その2) 美濃路(稲葉宿)
美濃路(萩原宿〜起宿その1) 美濃路(萩原宿〜起宿その2) 美濃路(墨俣宿その1)
美濃路(墨俣宿その2) 美濃路(大垣宿その1) 美濃路(大垣宿その2) 美濃路(大垣宿その3)
美濃路 垂井宿(その1) 美濃路 垂井宿(その2) 美濃路 垂井宿(その3)

これより中仙道

中仙道(垂井宿その1) 中仙道(垂井宿その2) 中仙道(垂井宿その3)

中仙道(関が原宿その1) 中仙道(関が原宿その2) 中仙道(今須宿)
中仙道(柏原宿その1) 中仙道(柏原宿その2) 中仙道(柏原宿その3)
中仙道(醒ヶ井宿その1) 中仙道(醒ヶ井宿その2) 中仙道(番場宿)
中仙道(鳥居本宿) 中仙道(高宮宿その1) 中仙道(高宮宿その2)
中仙道(愛知川宿) 中仙道(武佐宿) 中仙道(守山宿)

これより東海道

東・中・美:環状歴史・出世街道
草津 石部 水口 土山 坂下 亀山 庄野 石薬師 四日市 桑名

美濃路(大垣宿その1) 垂井宿へ行く 美濃路(墨俣宿その1)宮宿へ行く