信長誕生から岐阜城まで(そ10)


崇福寺。織田信長・信忠の廟所。本堂の廊下天井には、関が原合戦の一ヶ月ほど前、
岐阜城が落城した際、戦死した将兵(38名)の霊を弔うため城の床板が天井に張
ってあり、床板と血痕は同色系ですが血痕跡が一段と濃く廊下天井に広がっています。


崇福寺本堂と前の石庭園。 崇福寺


本堂裏にある織田信長公父子廟。左端は野位牌形の石碑で縦に両分して父子の法名を
左右に並べて 刻まれています。


本堂裏にあります。


左は 関白一条兼良卿寄贈の中門、土塀。 中は崇福寺。右は崇福寺門前から見る岐阜城。


本町1丁目から見る岐阜城。

googleマップ・リンク鷺山城跡 鷺山城跡


常在寺。 案内文拡大


妙照寺。


正法寺大仏殿(上右)。上左は大仏殿から見る岐阜城。


岐阜公園。2017.10.25撮影。


戦国の大道1。それぞれに家紋と花押があります。 戦国の大道


戦国の大道2。それぞれに家紋と花押があります。


戦国の大道3。


本町3丁目交差点から見る岐阜城。


岐阜町本陣跡。


日下部邸跡。


美江寺観音(上)。下は観音前から見る岐阜城。「斎藤山城守道三が、岐阜城を築くに当り、
近郷近在の信仰高き名刹・美江寺を現在の地に移し、城下の繁栄を守護せしめられた」と
記されています。リンク:美江寺観音 美江寺観音


弥八地蔵尊。竜宮門(右)をくぐり奥(左)には地蔵堂,水掛け地蔵が祀られています。


金(こがね)神社。リンク:金(こがね)神社 金(こがね)神社 下は神社前の公園に置かれた旧車両。

信長関連:政秀寺 万松寺  清洲城 古渡城跡 小牧城  岐阜城
  吉乃(信長の側室)の生駒屋敷址 平手政秀 那古野城跡 池田恒利の屋敷跡
信長,道三初対面・聖徳寺 長比城跡(たけくらべじょう) 織田信孝の墓所

清洲城 古渡城 末森城 万松寺 崇福寺 林通勝邸址 九之坪城址
家臣、佐々成政 重臣、丹羽長秀 重臣、柴田勝家 重臣、滝川一益 長島城跡


遠くて行けない「四国お遍路」に代わり身近な、一周約234キロ、
30宿場の宿学旅行東・中・美-環状歴史・出世街道の旅にでませんか

リンク:干支:和暦・西暦・早見表
リンク:干支:和暦・西暦・早見表【元治元年以前 (1864〜1564)はこちら

地下鉄で巡る若き日の信長ものがたり 信長公誕生から岐阜城まで(岐阜城下町)

信長公誕生から岐阜城まで(その1) 信長公誕生から岐阜城まで(その2) 信長公誕生から岐阜城まで(その3)

(その4) (その5) (その6) (その7) (その8) (その9) (その10) (その11・信長公居館跡特集)

(その12・岐阜城から本能寺まで) (その13・本能寺から旧二条城まで) (その14・阿弥陀寺から建勲神社まで)

トップページ リンク:名古屋鉄道 地下鉄路線図に行く 旅行・観光