(その13・本能寺から旧二条城まで)


本能寺跡。 碑文拡大


南蛮寺跡。


本能寺。


本能寺境内信長公廟所。


公廟所前の参道。 朝鮮通信使ゆかりの地説明文拡大


下御霊神社。天正18年(1590年)豊臣秀吉の命により当地に移転しました。 下御霊神社


京都御所。 京都御所

googleマップ・リンク京都御所


寺町御門(右)。左上は大宮御所。左下は仙洞御所西側御苑。 仙洞御所 「仙洞御所(大宮御所ふくむ)
の地は、かつて聚楽第の後身として豊臣家の本邸「京都新城」のあった地であり、当時は太閤御所・
太閤上京御屋敷などと呼ばれていた。豊臣秀吉が没した翌慶長4年9月に大坂から秀吉の正室・北政所
(のちの高台院)が入り、居住した」と記されています。


御所建春門(左)。右は清和院御門の遠望。


京都御苑ごあんない。


蛤御門。 説明文拡大


護王神社。


護王神社境内の「日本一のさざれ石」。岐阜県揖斐郡春日村の産です。説明文拡大


旧二条城址。説明文拡大 googleマップ・旧二条城跡

信長関連:政秀寺 万松寺  清洲城 古渡城跡 小牧城  岐阜城
  吉乃(信長の側室)の生駒屋敷址 平手政秀 那古野城跡 池田恒利の屋敷跡
信長,道三初対面・聖徳寺 長比城跡(たけくらべじょう) 織田信孝の墓所

清洲城 古渡城 末森城 万松寺 崇福寺 林通勝邸址 九之坪城址
家臣、佐々成政 重臣、丹羽長秀 重臣、柴田勝家 重臣、滝川一益 長島城跡


遠くて行けない「四国お遍路」に代わり身近な、一周約234キロ、
30宿場の宿学旅行東・中・美-環状歴史・出世街道の旅にでませんか

リンク:干支:和暦・西暦・早見表
リンク:干支:和暦・西暦・早見表【元治元年以前 (1864〜1564)はこちら

地下鉄で巡る若き日の信長ものがたり 信長公誕生から岐阜城まで(岐阜城下町)

信長公誕生から岐阜城まで(その1) 信長公誕生から岐阜城まで(その2) 信長公誕生から岐阜城まで(その3)

(その4) (その5) (その6) (その7) (その8) (その9) (その10) (その11・信長公居館跡特集)

(その12・岐阜城から本能寺まで) (その13・本能寺から旧二条城まで) (その14・阿弥陀寺から建勲神社まで)

トップページ リンク:名古屋鉄道 地下鉄路線図に行く 旅行・観光