信長誕生から岐阜城まで(その2)


信長を大将に、すぐ近く児玉の丹羽長秀、2キロ上流比良の佐々成政、 荒子の前田利家
1キロ強南の中村の秀吉など少年時代のガキ大将の群れが枇杷島河原を暴れまわり、闘争
心を学び全国へ出世して行った姿は400年経ったいまも何か心がわくわくしてきます。
そして彼らを支えた「ねね」は地元「まつ」も2キロ圏内(七宝村)に生まれた。
出世街道:美濃路に誇りあれ。


名古屋城の信長、中村の秀吉など少年時代のガキ大将の群れが暴れまわった
現在の枇杷島河原。 庄内川、枇杷島河原 豊臣秀吉誕生地


豊国神社に隣接する豊臣秀吉誕生地。 リンク:名古屋市秀吉清正記念館 特別展示室

蛇池と織田信長
蛇池。信長青年時代の面目躍如。駅から東北へ約1.5キロ、西区比良2丁目の蛇池公園にある
清洲から早馬で15分もあれば着く。70年前(小学校時代)には全く人家は無かったが現在は家
がびっしり建っている。 蛇池

佐々成政居城跡
生まれは西区比良、駅から東北へ約1.8キロ光通寺にあります。


織田信長の重臣柴田勝家の誕生地である明徳寺(真宗高田派)境内の記念碑。勝家は亨禄3年
(1530年)ここで生まれたとされる。


尾張國 丹羽長秀邸  関連丹羽長秀邸跡とすぐ北の児玉白山稲荷社。   丹羽長秀邸跡


史跡コース駅から南へ約1.3キロ織田信長の重臣柴田勝家の誕生地である明徳寺(真宗高田派)です。
勝家は亨禄3年(1530年)ここで生まれたとされる。下社城跡と誕生地の記念碑は明徳寺
石段の両側にあります。


荒子駅前のポケットパークに建つ、まつ(左端)が初陣(利家)を見送る銅像。


史跡コース東山線西の終着駅高畑駅から東南約500メートルにある
荒子城跡天文年間前田利昌が築城、その子利久、利家,利家の子、利長が相次いで
居城した。天正三年(1575)利家が越前国府中(福井県武生市)に同9年に
利長も同地に移るに及び廃城となった。利家の家臣には荒子衆が多く村井長頼
奥村(永福)助右ヱ門などがいた。今でも荒子には奥村姓が多いという。
山門は城主前田利家が修理寄進したといわれる。まつの生誕地


高座結御子神社。南下する街道から東へ入る。 高座結御子神社


九之坪城址。 九之坪城址


萱津古戦場跡。鎌倉街道から西へ約400m行く萱津古戦場跡と碑文。 リンク:城郭写真記録・萱津古戦場跡


美濃路新川橋西詰めポケットパーク。 美濃路新川橋西詰めポケットパーク


五条橋の東詰めポケットパークに建っています。


五条橋。清洲越(慶長15年、1610年より行われた町ぐるみの引越しをいう)。


五条橋西詰めから五条川右岸堤防を北へ対岸の現清須城と清洲公園内の織田信長の銅像


五条橋西詰めに立つ清洲古城跡石碑から現清須城を撮る。左は五条橋から清涼寺前の美濃路。


五条川・大手橋から見る清洲城。右は対岸古城址から見る清洲城。清洲城特集


日置神社。駅から南へ約600メートル、伏見通り少し東へ入る、 織田信長桶狭間の戦い
に出陣する時、戦勝を祈願したと言われる由緒ある日置神社です。戦に勝利した信長はここに
千本の松を植え、この辺りを千本松原と称した。 日置神社


信長塀。


前野家屋敷跡。 前野家屋敷跡


聖徳寺は廃寺となり:名古屋・八事へ移転された。 重厚で風格のある山門は岩塚宿光圓寺に移転されています。


駒塚道追分道標を過ぎたところから美濃路を西へ廻り津島街道沿いの聖徳寺跡、
織田信長と斉藤道三が会見した場所の説明板。


一宮城跡。上右は城跡前の街並み。 一宮城跡


浮野古戦場跡1。 浮野古戦場跡


浮野古戦場跡2。この近くに浮野城があったと言われるが確たる場所は不明です。


光明寺城址(右)。左は城址前の町並み。光明寺2回目の訪問で撮影。 碑文拡大


白山神社。前には名古屋十名所の石碑が見られます。ここから北へ約500メートルのところに
丹羽長秀邸址があります。


神明生田神社(右)境内の山内一豊誕生地。 山内一豊誕生地


岩倉城跡。駅から北へ6キロ、名鉄犬山線岩倉駅下車南東へ500メートルが便利です。
城主(織田信安、下の写真)が末盛城(織田信行、信長の弟) と同盟を結んで
いたとされ、信長に攻められた。利家はこの戦にも参加して手柄を立てた。
関連:浮野古戦場跡 岩倉城跡


総見院には本能寺変直後に、信雄が探し当てたという信長着用の焼兜が
保存されている。


宝勝寺、ゆとりーとライン守山駅から西へ約800m行きます。右は宝勝寺の森。守山城跡に建つ
宝勝寺は 守山(森山)崩れで命を失った松平清康公の霊を弔うために1637(寛永14)年に創建
されたもので、現在も松平清康公の位牌を安置しています。関連:隋念寺 関連:大樹寺
関連:小豆坂古戦場


広祥院。奥平一族の菩提所。上左:本堂。上右:山門。 広祥院

リンク:干支:和暦・西暦・早見表
リンク:干支:和暦・西暦・早見表【元治元年以前 (1864〜1564)はこちら

万松寺本堂のからくり人形「信長」

地下鉄で巡る若き日の信長ものがたり 信長公誕生から岐阜城まで(岐阜城下町)

信長公誕生から岐阜城まで(その1) 信長公誕生から岐阜城まで(その2) 信長公誕生から岐阜城まで(その3)

(その4) (その5) (その6) (その7) (その8) (その9) (その10) (その11・信長公居館跡特集)

(その12・岐阜城から本能寺まで) (その13・本能寺から旧二条城まで) (その14・阿弥陀寺から建勲神社まで)

山内一豊特集その1(織田信長関連) 山内一豊特集その2(織田信長関連)

関連:桶狭間古戦場特集(その1) 桶狭間古戦場特集(その2) 桶狭間古戦場特集(その3)
桶狭間古戦場特集(その4)

トップページ リンク:名古屋鉄道 地下鉄路線図に行く 旅行・観光