信長誕生から岐阜城まで(その3)


「戦評の松」前の案内板。


上段の案内板右下の説明文拡大。


「戦評の松」のポケットパーク。


桶狭間古戦場公園内の銅像。右:今川義元公(42歳)。左:織田信長公(27歳)。


桶狭間古戦場公園説明文拡大。


今川義元公戦死之地石碑。 説明文拡大


桶狭間合戦の両陣営の配置図。


桶狭間古戦場内ではジオラマで解説され、各陣地、砦、清洲城、熱田神宮、沓掛城の小さな碑石が
配置され(下段の写真)楽しく見ることができます。


各陣地、砦、清洲城、熱田神宮、沓掛城の小さな碑石群。


桶狭間古戦場の碑(下一部が土に埋もれている)。昭和初期に鞍流瀬川で発見されたものです。 説明文拡大


義元公首洗いの泉。


大田錦城の石碑。


桶狭間神明社。


桶狭間神明社境内の「森の歴史を語る老樹」。


桶狭間神明社説明板。


桶狭間古戦場公園。


瀬名陣所跡(黄色の矢印)。



現在の桶狭間山から見る街並み(上左)。上右は石碑のみの今川義元本陣跡。


七つ塚。 七つ塚説明文


釜ケ谷古戦場跡。信長隊が今川隊への偵察の機を窺った所です。


長福寺。


長福寺境内弁天池。


長福寺境内の首検証之跡。 首検証碑拡大

桶狭間古戦場


大高城跡1。 大高城跡

大高城跡
大高城跡2。

丸根砦跡
丸根砦跡。 丸根砦跡

鷲津砦跡
鷲津砦跡。 鷲津砦跡

善照寺砦
史跡コース砦から桶狭間古戦場方面を望む、信長はこの砦の下に兵を集結し
図の大将ケ根(太子ケ根)から一気に本隊2000人を南下奇襲した。


長寿寺山門。


海岸寺本堂(上左)。織田信長の命より1574年(天正2年)に創建されています。
善光寺本堂(上右)。同じ寺域内に建立されています。 リンク:海岸寺 海岸寺/善光寺


天神社境内に立っています。左上は石碑の題字右から「鳴海城址之碑」。 鳴海城跡


天神社(左)。天神社由緒拡大 天神社から見下ろす鳴海の中心街。


東勝寺。前の道路は柳街道(別名:信長街道)といわれ七宝を経て蟹江に通じ、織田信長公も
頻繁に往来したといわれる。 東勝寺


八剱神社境内の村木砦址。砦を築くために今川方は村人を多く動員しましたが、戦は村人を2分することになりました。
今川方に味方した村人は勝った信長の命で多く処刑されました。この犠牲者の供養が毎年行われているのです。村人に
とって今川方か信長・水野方かどちらが勝利しても、村を維持して行かねばなりません。犠牲者の供養は生き残った者
には当然だったに違いありません。戦いのあった1554年(天文23年)から460年たっても、法要が続くことに村
人の信仰心の深さを思うとともに、村全体をも巻き込む壮絶な戦いであったことを改めて考えます。また、村木砦の戦
いを現在に伝える大切な行事を、これからも守っていきたいと考えます。(信長公記の史料に匹敵するようなこと)。
以上東浦町観光協会案内引用。


飯喰場。 飯喰場


石ケ瀬川古戦場跡を訪ねるつもりでしたが堤防約2キロ、見当たりませんでした。
石ケ瀬川古戦場跡 リンク: 大府市市内遺跡・石ケ瀬川古戦場跡


信長の姪・おごう16歳で大野城主佐治家へお興し入り。離婚後、徳川二代目
将軍秀忠の正室となる。


海音寺。


長島城説明文拡大。


願証寺全景。 願証寺 願証寺


高讃寺。知多四国霊場六十一番札所。奥深い山里にある感じの寺院です。
リンク:知多半島まるごとナビゲーション・高讃寺 高讃寺


左:大草城址に建つ展望台を兼ねた模擬城。右は隣接する津島神社。 大草城址


蓮慶寺。下右の写真は境内の親鸞聖人幼少の像です。リンク:蓮慶寺 蓮慶寺

リンク:干支:和暦・西暦・早見表
リンク:干支:和暦・西暦・早見表【元治元年以前 (1864〜1564)はこちら

地下鉄で巡る若き日の信長ものがたり 信長公誕生から岐阜城まで(岐阜城下町)

信長公誕生から岐阜城まで(その1) 信長公誕生から岐阜城まで(その2) 信長公誕生から岐阜城まで(その3)

(その4) (その5) (その6) (その7) (その8) (その9) (その10) (その11・信長公居館跡特集)

(その12・岐阜城から本能寺まで) (その13・本能寺から旧二条城まで) (その14・阿弥陀寺から建勲神社まで)

トップページ リンク:名古屋鉄道 地下鉄路線図に行く 旅行・観光