愛知・38市史跡・社寺めぐりー岡崎市(その1)


名鉄・東岡崎駅前に建つ「江戸のふるさと岡崎」の大きな案内板。


江戸方入り口に建つ本宿。 江戸方入り口に建つ本宿


赤坂宿と藤川宿の中間の本宿(間の宿):江戸方入り口に建つ案内版


赤坂宿と藤川宿の中間の本宿(間の宿):江戸方入り口に建つ案内版


リンク: 名鉄名古屋本線:本宿駅


法蔵寺境内にあります。


法蔵寺境内にあります。


法蔵寺。 法蔵寺


法蔵寺境内にあります。新撰組隊長近藤勇は明治元年35歳で刑場の露と消えましたが・・・・・



本宿村の道路元標と常夜灯。


欣浄寺(左奥の寺院)と案内版。 欣浄寺


東海道一里塚跡と付近の町並み



左:豊橋から徒歩で来た静岡の3旅人と本宿で意気投合し、「旅人に幸せあれ」記念撮影。
右:京方入り口の松並木


藤川宿東棒鼻跡、広重画と同じ場所です。2010.11.17撮影



右東棒鼻跡近くの常夜灯、藤川宿には駐車場(無料)とトイレが完備され
旅人は有難いものです。


下段の脇本陣の東隣にあります。


藤川宿の脇本陣跡、現在は資料館として訪れる人々に藤川宿の詳しい
案内をしている。門は改修されているが当時のままである。


国道1号線の南を東西徒歩約30分の宿場町旧東海道は松並木と共に
昔の面影が残されている。



岡崎市指定の天然記念物になっている。松並木の東端に吉良道の道標が
立っている塩の道”吉良街道”に通じる交通の要所でもあった。


藤川宿の松並木と本陣の石垣跡。


商家の建物の残る町並みと常夜灯。


右は藤川宿の松並木。左は西棒鼻のある藤川小学校前。 西棒鼻


藤川宿の脇本陣跡、現在は資料館として訪れる
人々に藤川宿の詳しい案内をしている。門は改
修されて いるが当時のままである。

岡崎宿 岡崎宿(その2) 徳川家康公ゆかりの地めぐり
豊田市東部から岡崎市北部の旅 岡崎市・真福寺から乙川河川緑道まで
岡崎市・西部方面めぐり旅 岡崎市・中央部から東部の史跡めぐり
岡崎市東部から南部方面を回り岡崎市を終わります。

岡崎市(その1) 岡崎市(その2) 岡崎市(その3) 岡崎市(その4) 岡崎市(その5)
岡崎市(その6) 岡崎市(その7) 岡崎市(その8) 岡崎市(その9) 岡崎市(その10)
岡崎市(その11) 岡崎市(その12) 岡崎市(その13) 岡崎市(その14) 岡崎市(その15)
岡崎市(その16) 岡崎市(その17) 岡崎市(その18) 岡崎市(その19)

検索しやすく方面別に組み換えました。

東部方面:(その1、旧東海道)(その12、岡崎東公園)(その13、小豆坂古戦場)
(その16、山中八幡宮、広忠寺)(その17、天恩寺)

西部方面:(その6,旧東海道)(その10、北野廃寺址)(その11、妙源寺、真宮遺跡)

中央部:(その2、冠木門と岡崎27曲がり)(その3、松応寺) (その4、大樹寺)(その5、岡崎城)
(その8、27曲がり)

              南部方面:(その14、上地八幡宮)(その15、大久保一族発祥地)(その18、勝鬘寺)(その19、酒人神社)

北部方面:(その7、奥殿陣屋。岩津天満宮、真福寺)(その9、蓮性院、細川城址)

リンク:名古屋鉄道 トップページ