大須観音駅周辺案内(その2)


日置神社。駅から南へ約600メートル、伏見通り少し東へ入る、 織田信長桶狭間の戦い
に出陣する時、戦勝を祈願したと言われる由緒ある日置神社です。戦に勝利した信長はここに
千本の松を植え、この辺りを千本松原と称した。 日置神社


日置神社境内にあります。


日置神社境内の力石。各地の神社には力石が奉納されていますが此処ほど大きな石は珍しい。


日置神社西隣にある高顕寺。


西本願寺別院東門から撮る。


2枚の説明板は並んで西本願寺別院東門入り口に立っています。


西本願寺別院南門と鐘楼。前回参詣時とすっかり境内が変わっています。


名古屋名所としてたびたび紹介されるエキゾチックな4基の松重閘門。役目を終え
静かに中川運河と堀川の行く末を見守っています。 松重閘門


塩竈神社。鳥居左にあるお釜モニュメント(合成写真)が印象的です。 説明文拡大
塩竈神社


塩竈神社境内にあります。境内にはこのほか痔病の治癒に霊験著しい無三殿主大神を斎祀する
無三殿社が祭られています。 無三殿社説明文拡大


金刀比羅社および西宮神社。慶長15年(1610年)名古屋城築城の折の石切場所として、境内には、石切場跡の
石碑が建てられている(左)。築城の大石はすべて笈瀬川(往昔はお伊勢川:現中川運河)を上り
ここまで船で運ばれ陸揚げ、所定の大きさに切られ、陸路城まで運んだと記されています。
関連:中川運河(愛知県図書館蔵書引用) 関連:清正公・築城の石 名古屋築城・石切り場跡
ここはあおなみ線ささしまライブ駅が近いです。

大須観音駅(その1)大須観音駅(その2) 大須観音駅(その3) からくり人形「信長」(その5)
大須観音駅(その6大須商店街)大須観音駅(その7) 大須大道町人祭(その1)
  大須大道町人祭(その3)

地下鉄路線図に行く

伏見(上小田井、犬山行き)当駅鶴舞線次は上前津(赤池、豊田行き)

インターネット地図検索サービス
「るーとMap」で、行き先までの道順を調べよう

万松寺へようこそ

ようこそアットオース(大須今昔)へ