大須観音駅周辺案内(その7)


旧洲崎橋から都市高速の北側:洲崎神社を撮る。


後藤新平宅跡。若宮大通西の端近くにあります。 後藤新平宅跡 関連:岐阜城下
(金華山麓)にある 板垣退助遭難の地


後藤新平宅跡(上記)と愛知医学校とは約150mの距離で当時は構内か隣接してあったのではと
思います。関連 名古屋大学医学部


聖運寺。聖運寺は以前、堀川に面して建っていました。赤い山門が、尾張誌に描かれていて
赤門寺とも呼ばれていた。ここから約1キロまっすぐ伸びる東には現在も赤門通りが大須商
店街の一環として賑わっています。赤門通りの名付け元は大光院か、聖運寺でしょうか。
聖運寺


白山神社と境内の日吉社。白山大権現として、建立は、鎌倉時代と思われます。古くから、
鶯谷町と呼ばれ、堀川の流れを西南方に見下ろす景勝の地でした。 白山神社


ここ大須地区には昔から多くの人が住み、熱田地区と並んで神社・仏閣が多く信仰の中心地でした。


薬師寺(左)。法然寺(右)リンク:愛知札所巡り・法然寺


リンク:帝國博物学協会・ 尾張國 日置城址 があったとされる。 松原緑地
大須観音駅西南約500メートル。

二葉亭四迷幼年時代宅跡
駅から西南約1.7キロ中区松原2丁目にあります。
関連、坪内逍遥少年時代住居跡

大須観音駅(その1)大須観音駅(その2) 大須観音駅(その3) からくり人形「信長」(その5)
大須観音駅(その6大須商店街)大須観音駅(その7) 大須大道町人祭(その1)
  大須大道町人祭(その3)

伏見(上小田井、犬山行き)当駅鶴舞線次は上前津(赤池、豊田行き)

地下鉄路線図に行く

大須観音駅 インターネット地図検索サービス
「るーとMap」で、行き先までの道順を調べよう

万松寺へようこそ

ようこそアットオース(大須今昔)へ