庄内緑地公園駅周辺案内(その4)


駅から庄内川右岸堤防を東へ約1.5キロのところに洗堰(あらいぜき)
緑地がある。洪水になると付近の村村が大きな被害に合うため、天明
四年から大掛かりな改修工事で堤防の高さを半分にして人工の新しい
川(現在の新川)を造りそちらへ導水するというものでした。その後も
修 理や改修を行い、記念の碑が堤防に立っている(写真左)(その2)
の庄内橋上流約100メートルで庄内川と矢田川が合流しているため
戦後でも大掛かりな改修工事が行われた。(写真中)は東海水害後9
月24日(撮影)現在の洗堰の様子、(写真右)は「新川洗堰(あらい
ぜき)の概要」と記された天明の治水事業の歴史、藩の費用、工事の
様子など詳しく伝えています。


花見コース またこの洗堰(あらいぜき)放水路の西側堤防に
昭和30年旧山田村(昭和10年から16年まで山田小学校で
過ごす)が名古屋市に合併した記念に植えられた蛇池千本桜は
「なごや観光百選」にも選ばれている。13年4月1日写す

庄内緑地公園駅周辺案内(その1) (その2) (その3) (その4)

(その5 冬来たりなば) (その6 春遠からず) (その7 季節のささやき)

庄内緑地公園駅周辺案内(バラの花)

庄内緑地公園内バラ園(その4,ムービー)

:自然がこんなに近くに :自然がこんなに近くに
:夕焼け空にカワセミ舞う :3時間待ちの15分観察

地下鉄路線図に行く