東海道五十三次 宮宿 裁断橋物語(第1部〜2部)



この橋を有名にしているのはその擬宝珠に刻まれた銘文で、母が子を思う心情として
この橋を通る旅人に多くの感銘を与えたとされる。又この敷地内には姥堂と都都逸
発祥の地という大きな記念碑が建っている。 姥堂・裁断橋説明拡大

裁断橋
この橋を渡る旅人はこの銘文に感動を受けたと言われる。 豊臣秀吉の小田原攻め


史跡コース左写真は裁断橋の擬宝珠(実物は市博物館に保管)に刻まれた銘文の一部を
写したもので全文は上に書いています。写真右は旧東海道の精進川(この史跡のすぐ東に
あった)
にかかる大正10年ころの裁断橋、現在は川はなくこの史跡があるのみです。
この橋のたもとで堀尾金助は 母に見送られて| 豊臣秀吉の小田原攻めに向かった。

東海道五十三次 宮宿 裁断橋物語(第2部)


さて裁断橋物語の第2部は第1部取材後約10年余経過し堀尾金助の出身地が丹羽郡大口村で
あること位の認識でした。その間に東海道、中山道(草津〜贄川宿まで)、美濃路、鎌倉
街道(尾張編)、下街道を取材し終え、最近になって裁断橋、姥堂が復元されていること
知り大口町堀尾跡公園(裁断橋)を訪ね、東海道53次、裁断橋物語の第2部を編集する
ことにしました。

堀尾跡公園(裁断橋)の説明板。 堀尾跡公園(裁断橋)


公園内姥堂前に埋められた絵画2点。「この世にいくさというものがあるかぎり、若者たちは命を
うばわれていくことだろう」!!。いまや世界に通じる母親の悲しい気持ちでしょう。


公園内に復元された裁断橋(左)。右は当時の裁断橋の風景を描いた絵で姥堂前に埋められています。


裁断橋のたもとの説明モニュメント。母から子・孫へと引き継がれる愛情は未来永劫平和と
ともに共存してゆきます。


裁断橋と姥堂(復元)。 日本ライン(木曾川)・ 堀尾公園跡(裁断橋)


愛知県史跡:堀尾吉晴邸址(右)。敷地内の母子の銅像(左、金助出陣姿18歳)。
この小田原の合戦で北条氏が滅び、豊臣秀吉が天下を平定し大きな戦は無くなった


日本女性の三大名文と言われる。


左は「金助とその母」と横書きの題字の石碑。碑文は判読しずらい。右説明文は下記に拡大。


上記碑文の拡大。


八剣社と境内の堀尾氏邸宅跡案内。


八剣社東の桂林禅寺と堀尾家の供養塔(右写真中央)

旧東海道(宮宿、熱田区七里の渡し)
旧東海道(熱田神宮) 旧東海道(熱田区裁断橋) 旧東海道(宮一里塚)
旧東海道(瑞穂区松田橋) 旧東海道(南区呼続、山崎橋、山崎城址西)
旧東海道(南区呼続、白豪寺東)旧東海道(南区呼続、富部神社東)
旧東海道(南区笠寺付近)旧東海道(緑区丹下地区)旧東海道(緑区鳴海宿)

宮宿(その1) 宮宿(その2) 宮宿(その3)

宮宿(その4,七里の渡し場ムービー)

伝馬町駅 地下鉄路線図