東海道五十三次四十九番目、坂之下宿(その1)


広重、坂之下、筆捨嶺


大きな岩肌が、新緑に映える木々の間からあちこちに現れ、 広重画によく似ています。
坂下宿泊まりで夕焼けの風景を描いたものと思われます。 平成10年4月26日撮影


松屋本陣跡に建つ案内板、平成23年2月26日撮影


国道1号線から別れ旧東海道に入るとすぐ目に留まる。平成23年2月26日撮影

関宿を出て国道1号線を鈴鹿峠に向かうと
やがて右側に見えて来るのが筆捨山である
左は国道1号線ですが旧東海道をそのまま
拡幅したもののようだ。右下は鈴鹿川(八十瀬川)です

筆捨山バス停前の民家から見た筆捨山の近景
大きな岩肌が、新緑に映える木々の間からあ
ちこちに現れ、広重の絵のごとく、まるで岩
石の合間に樹がある感じである。場所も絵の
ようにこのあたりではないでしょうか。


町並みが途切れ、右折していよいよ
鈴鹿峠へ行く道の角にこの新しい
鈴鹿馬子唄会館がある。旧東海道鈴
鹿峠まで2.6キロと記されている。
右折してすぐこのような木柱が
約2メートル間隔で55本、日本橋から
順番に京都まで宿場名が書かれて、
立ち並んでいる。
遍山銘尺八:鈴鹿馬子唄




左は坂下宿の法安寺、右は旧東海道坂下宿を下ると間もなく
この杉並木がある。当時の風情が偲ばれる。平成10年4月26日撮影


馬子唄会館前の案内板

国道1号線坂下インターから見る坂下宿下の道路は1号線
上り亀山方面へ(右),坂下では国道の上下線の落差が
70メートル位あります。


坂下宿には写真のように旧東海道に沿って本陣跡が
3軒が並んでいます。


坂下宿の町並み,


坂之下宿から夕映えの鈴鹿峠を望む、
逆光のため不鮮明(午後6時ころ撮影)

坂下宿から鈴鹿峠へ向かう(右へ)国道1号線
下り線を望む。平成10年6月7日撮影

当時サーバーの事情で掲載出来なかった写真を復活編集し直したものです。

坂下宿(その1) 坂下宿(その2)

次は土山宿 京都へ行くのじゃ,
次は関宿(お江戸日本橋へ)

東海道53次三重県の巻 東海道53次55箇所 トップページ

インターネット地図検索サービス
「るーとMap」で、行き先までの道順を調べよう

三重県ホームページ

関町ホームページ