東海道五十三次四十九番目、坂之下宿(その2)


広重、坂之下、筆捨嶺

中山道(中仙道)脇往還:美濃路の旅
宿場,下段の街道名をクリックして下さい

本邦初 400年前の鈴鹿峠1部 鈴鹿峠2部 遍山銘尺八:鈴鹿馬子唄 峠:北島三郎


国道1号線側道の旧東海道片山神社石標から鈴鹿峠に向かう。3回目の訪問で2011.11.1撮影
片山神社


左は片山神社の本殿石垣ですが石の階段が傾き「これより立ち入り遠慮してください」
とあります。右は神社前の常夜灯で旅人が頻繁だったことが想像できます。


峠道ポケットパーク手前の急な階段(左)と今登ってきた深い谷を見下ろす(右)。


曲がりくねった1号線沿いの峠道ポケットパークと芭蕉句碑。


ポケットパークからの展望とポケットパークの案内板、左上の現在地(赤矢印)の位置。


峠道途中の道標と案内板(右)


ポケットパークから15メートルほど上にある馬の水のみ場の鉢跡、ここから引き返す。


峠道の石畳2箇所。


岩屋観音堂と片山神社の中間あたりにあるとされる荒井谷一里塚跡(右写真)は見当たりませんでした。


松屋本陣跡。


松屋本陣にあった門はこの法安寺の山門として保存されています。


梅屋、大竹本陣跡。本陣、脇本陣の規模は街道一と記されています。


広重画検証:筆捨山絵の右茶店付近は一般住宅があり近寄れません。


弁天一里塚跡と国道1号線、左写真、矢印電柱の下。


鈴鹿馬子唄会館と「正調鈴鹿馬子唄」発祥地のモニュメント。


鈴鹿馬子唄会館前の東海道に建てられた55本の宿場名が書かれた木柱。


国道1号線バス停と筆捨山。

坂下宿(その1) 坂下宿(その2)

東海道53次三重県の巻 東海道53次55箇所 トップページ

これより美濃路

東海道・中山道・美濃路:環状歴史・出世街道
美濃路(名古屋宿その1) 美濃路(名古屋宿その2) 美濃路(名古屋宿その3)
美濃路(清須宿その1) 美濃路(清須宿その2) 美濃路(稲葉宿)
美濃路(萩原宿〜起宿その1) 美濃路(萩原宿〜起宿その2) 美濃路(墨俣宿その1)
美濃路(墨俣宿その2) 美濃路(大垣宿その1) 美濃路(大垣宿その2) 美濃路(大垣宿その3)
美濃路 垂井宿(その1) 美濃路 垂井宿(その2) 美濃路 垂井宿(その3)

これより中仙道

中仙道(垂井宿その1) 中仙道(垂井宿その2) 中仙道(垂井宿その3)

中仙道(関が原宿その1) 中仙道(関が原宿その2) 中仙道(今須宿)
中仙道(柏原宿その1) 中仙道(柏原宿その2) 中仙道(柏原宿その3)
中仙道(醒ヶ井宿その1) 中仙道(醒ヶ井宿その2) 中仙道(番場宿)
中仙道(鳥居本宿) 中仙道(高宮宿その1) 中仙道(高宮宿その2)
中仙道(愛知川宿) 中仙道(武佐宿) 中仙道(守山宿)

これより東海道

東・中・美:環状歴史・出世街道
草津 石部 水口 土山 坂下 亀山 庄野 石薬師 四日市 桑名

次は土山宿 京都へ行くのじゃ,
次は関宿(お江戸日本橋へ)

インターネット地図検索サービス
「るーとMap」で、行き先までの道順を調べよう

三重県ホームページ

関町ホームページ