東海道五十三次四十八番目、関宿(平成10年版その1)


広重、関、本陣早立


白壁塗りの凝った建物の郵便局に建つ高札場本陣跡の記念碑


関宿の街道は電線など、町並みの整備が行われて、
昔の街道を 彷彿とさせてくれる
左側の塗篭(白い壁)の建物が旅籠玉屋である


関で泊まるなら鶴屋か玉屋、その玉屋は歴史資料館として修復保存されている。
玉屋の帳場の様子


いまでは珍しい蚊帳を吊って寝る部屋が当時を偲ばせる


旅人が宿で寛ぐ夕食の膳が並べてある

関宿(平成10年版その1) 関宿(平成10年版その2)
関宿(平成23年版その1) 関宿(平成23年版その2)

次は坂之下宿 京都へ行くのじゃ
次は亀山宿(お江戸日本橋へ)

三重県の巻 55箇所 トップページ

インターネット地図検索サービス
「るーとMap」で、行き先までの道順を調べよう

三重県ホームページ

亀山市観光協会

日本全国レトロな町なみ巡り