戦国武将とその関連を特集


 
 
戦国武将とその関連を特集、画像をクリックして下さい。お近くの駅に案内します。
Please feature the relation with a Warring States general,
and click a picture. A nearby station is shown.

「利家とまつ」、脳が活性化するページ  

 

秀吉特集

北政所
おねはここで育てられた

画像をクリックして下さい。

まつの誕生地
まつの誕生地
画像をクリックして下さい。

妙成寺
「利家とまつ」ゆかりの地、加賀、能登を訪ねて、妙成寺訪問(平成14年10月15日撮影)

国史跡、小牧山城(ムービー)

尾張荒子城(名古屋市中川区荒子町)は天正 9年
前田家が越前へ 移るため廃城となります。

森蘭丸(信長と共に本能寺で討ち死)の長兄、
森長可はここで戦死した。

信長、秀吉、利家など1度は参加したのでは?(ムービー)

信長は美濃攻めのため小牧城を築いた(ムービー)

吉乃(信長の側室)の生駒屋敷址
信長は夭折した吉乃を悲しみ、久昌寺の方向を眺めて
涙を浮べていたという

秀吉特集(墨俣一夜城)「利家とまつ」の
秀吉出世のスタートとなった(ムービー)

鶴舞線庄内通駅「利家とまつ」の稲生合戦
(槍の又左の異名を取る、赤母衣衆頭の 栄誉を受ける)の
古戦場跡はこの駅が便利です。

鶴舞線庄内緑地公園駅、「利家とまつ」の信長
青年時代の面目躍如(蛇池)、佐々成政(比良城跡)も
蛇池から北へ500メートル、・・・はこの駅が便利です。

鶴舞線上小田井駅、「利家とまつ」の信長
の居城はここからも行けます。

鶴舞線上小田井駅、信長公が胸中に
決死の覚悟を秘めて謡曲「敦盛」を舞うシーンです

鶴舞線浄心駅、「利家とまつ」の丹羽長秀
(信長重臣)邸址はここが便利です。

鶴舞線大須観音駅、信長は父信秀の墓前に
戦勝を報告した、万松寺

名城線伝馬町駅、「まつ」は人質となるが
家康自身もまた幼少時代人質にされた。

名城線新瑞橋駅、永禄年間、佐久間信盛が
居城した 山崎城跡

東山線八田駅、「利家とまつ」の滝川一益は
ここの城主でした。
前田長種はここで生まれた。

「利家とまつ」(森部の合戦ムービー)
この戦で利家は勘当を解かれた

名城線黒川駅、信長あてに諫言を残しこの地で自刃、
時に62歳であった

名城線市役所駅、織田信長はここで生まれました。

鶴舞線荒畑駅、秀吉の母(なか)大政所の居宅跡

東山線本陣駅、「まつ」はここで生まれました。

東山線高畑駅、「利家とまつ」の荒子城址(利家誕生地),
前田家発祥地はここが便利です。

東山線高畑駅、 利家と荒子小学校と味噌蔵町小学校
(金沢市)の 交流(荒子小学校見学会にて)

東山線中村公園駅、秀吉(藤吉郎)はここで生まれました。

東山線上社駅、柴田勝家(権六)はここで生まれました。

JR東海道線一宮駅、おね(ねね)はここ浅野長勝家に
養女として預けられた

東山線本陣駅、「利家14歳の初陣」といわれる
尾張萱津の合戦(海津の戦いともいう)はここ

櫻通線野並駅、「織田と今川」の桶狭間古戦場は
ここからも行けます。

名城線線神宮西駅、「利家とまつ」熱田神宮(信長塀、
必勝祈願、利家謹慎の場所)はここが便利です。

JR東海道線木曾川駅信長家臣、山内一豊の生誕地
はここが便利です。

なごや弁コーナー・・・・・
おみゃーさん(あなた、貴方様)、
そんなことあらすきゃー(そんなことありません)、
こっちへいりゃーせんか(こちらへいらっしゃい)、やっとかめ(久しぶり)
ごじゃーますだー(さようでございます。)
やっとるがやー(行って(やって)います。)

リンク>干支:和暦・西暦・早見表 【文久3年以降 (1863〜)はこちら】
リンク>干支:和暦・西暦・早見表【元治元年以前 (1864〜1564)はこちら

 
史跡コース 信長ゆかりの地1582年(天正10年)6月2日は織田信長の命日(本能寺の変)です。
信長ゆかりの史跡をご覧下さい
森蘭丸(信長と共に本能寺で討ち死)の長兄、森長可はここで戦死した。
明智光秀はここに眠っている 信長塀 清洲城 古渡城 末森城 平手政秀 万松寺
家臣、佐々成政 重臣、丹羽長秀 重臣、柴田勝家 重臣、滝川一益
稲生ケ原古戦場 政秀寺 豊臣秀吉誕生 徳川家康幽居 総見寺 蛇池 法華寺
明智光秀 白須賀宿 岩倉城 信長生誕地ともいわれる勝幡城
名古屋城内二の丸庭園にある那古野城跡、天文3年ここで生まれたとされる。
吉乃(信長の側室)の生駒屋敷址信長、秀吉の歴史を変えたといわれる

史跡コース 秀吉ゆかりの地 1536年(天文5年)1月1日秀吉誕生、ゆかりの地
母大政所の願い通り男子が生まれた。 秀吉はここで生まれたとされる
ねねはここ浅野長勝の養女として育てられた。 尾張清洲の朝日村ねねの生まれを尋ねたら?
福島正則は名古屋城築城のため堀川を開削した。 秀吉の異父妹朝日姫加藤清正生誕地
丹羽長秀屋敷跡 柴田勝家誕生地 池田恒興(美濃大垣城主) 森長可(もりながよし、美濃金山城主)
徳川家康佐々成政(比良城主) 佐久間信盛(山崎城主) 秀吉、奉公の堀田家
蜂須賀小六正勝(蜂須賀城主) 徳川家康勝利す、長久手古戦場、色金山歴史公園
秀吉の母、大政所の居宅跡 秀吉特集(墨俣一夜城)

平成14年NHK大河ドラマ”利家とまつ”のゆかりの地
利家はここで生まれました。 まつはここで生まれました。
初陣(14歳)の尾張萱津の合戦(海津の戦いともいう)で功を上げ利家と名乗る
稲生(いのう)ケ原合戦で手柄を立て(19歳、槍の又左の異名を取る)
荒子衆村井長頼、奥村(永福)助右ヱ門 佐々成政豊臣秀吉 織田信長(清洲城) 徳川家康
末森城 浅野長政 佐久間信盛(山崎城主) 岩倉城、この城攻めにも利家は功を上げたといわれる
「利家とまつ」(森部の合戦ムービー)

地下鉄路線図に行く