愛知・38市史跡・社寺めぐりー瀬戸市(その5)


陶祖公園入り口(上右)及び六角堂正面(上左)。 説明文拡大 陶祖公園入り口


公園入り口の門柱、階段の各段壁面がすべて陶器製でさすが陶都瀬戸の面目躍如です。下は公園前の瀬戸川に
架かる橋の欄干に嵌め込まれた鳥を描いた陶板(3柄)。


六角堂内部の六角陶碑(高さ4.1m,日本最大級陶製六角碑)および説明文。


六角陶碑を拡大したもので上下2枚の繋ぎ部分が重複しています。


六角陶碑碑文の訳文1


六角陶碑の建設に尽力した加藤清助景登翁の顕彰碑。


竹露庵。陶祖公園内。


陶祖之像(上)および陶祖碑の由来。


阿弥陀ケ峰城跡。全宝寺境内にあります。右上の祇園堂には品野祇園祭の神武天皇像及び従者像3体が
市指定有形民族文化財となっています。 全宝寺


陶祖社および神明社。


久雲寺。リンク:久雲寺 久雲寺・陶祖社

瀬戸市:リニモ(自動運転)見学しながら瀬戸市史跡社寺めぐり

瀬戸市(その1) 瀬戸市(その2) 瀬戸市(その3) 瀬戸市(その4) 瀬戸市(その5) 瀬戸市(その6)

トップページ リンク:名古屋鉄道