下(した)街道(善光寺街道・多治見)

「日本武尊(やまとたけるのみこと)が東征の帰りにこの道を通った」と言う伝説があり、
街道としての歴史は古い。土岐川は、川底が浅く急流であったために水運が起こらず、陸路
としての下街道が発達した。公人ではない一般の旅行者には規制はなく、名古屋方面からの
御岳参りや善光寺参り、木曽方面からの伊勢参りなどの利用者が多かったため、善光寺道、
伊勢道とも呼ばれた。以上:ウィキペディアより引用。宿場名は池田宿と呼ばれ、現池田町
が宿場として賑わいました。


津島神社の祠と街道。 津島神社の祠


池田・常夜灯(左)と付近の街道(多治見駅方面、右)。池田町屋郷土資料館ガイドに
よりますと旅籠:6軒、茶屋3軒、米屋:5軒、陶器関係:5軒などありました。
池田・常夜灯


池田・常夜灯から約100m南に建っています。


永泉寺。永泉寺文化財説明拡大 永泉寺


JA前に立つ道標。左写真は名古屋・伊勢道。「左:なごや・いせ道 右:東京・ぜんこふじ
(善光寺)」と彫られています。右写真はJAの支店。 JA前の道標


清水の地蔵。左は土岐川に架かる多治見橋。 清水の地蔵


多治見橋北詰めに立つ道標と鰻塚と掘られた石碑。道標は左:○光寺、右:○戸だけ判読、
推測をして定光寺、釜戸でしょうか。右は多治見橋南交差点。


下街道からやや外れて史跡を訪ねました。多治見国長居館跡。


西浦庭園内部(左)と明治天皇行在所跡の石碑と庭園玄関(中)。


左:東濃の歴史資料蔵。右:新羅神社拡大。説明文拡大


下街道に戻っておりべストリート風景。


おりべストリート(はなやぎのまち)三景。


秋葉山・常夜灯(右)。左は常夜灯のある交差点。 秋葉山・常夜灯


唱行寺(左)。多治見の鎮守の森・神明社。 神明社


生田橋から東町交差点間、坂の街道。 坂の街道


左から19号線東町交差点から200m東付近。中は大洞峠の道標のあった場所と
される付近、探したが見当たらない(中写真のぼり付近)、市役所横に移転となっ
ているそうです。右は交差点北の蔵春寺。 グーグルマップ
蔵春寺

下街道(善光寺街道)

下街道(善光寺街道・市内編) 下街道(善光寺街道・春日井編その1)
下街道(善光寺街道・春日井編その2) 下街道(善光寺街道・多治見)
下街道(善光寺街道・土岐市) 下街道(善光寺街道・瑞浪その1)
下街道(善光寺街道・瑞浪その2 下街道(善光寺街道・瑞浪その3)

上街道(木曾街道)

稲置街道(名古屋市内その1) 稲置街道(名古屋市内その2) 稲置街道(小牧宿その1)
稲置街道(小牧宿その2 史跡小牧山 特集) 稲置街道(楽田) 木曾街道(善師野宿)
木曾街道(土田宿) 中山道(伏見宿)

稲(とう)・中・美:濃尾環状歴史街道:稲置街道

稲置街道(名古屋市内その1) 稲置街道(名古屋市内その2) 稲置街道(小牧宿その1)
稲置街道(小牧宿その2 史跡小牧山 特集) 稲置街道(楽田) 稲置街道(犬山宿その1)
稲置街道(犬山宿その2) 稲置街道(犬山宿その3)

稲(とう)・中・美:濃尾環状歴史街道:中山道

鵜沼宿(その1) 鵜沼宿(その2) 間の宿・新加納宿
加納宿(その1) 加納宿(その2) 河渡宿 美江寺宿(その1)
美江寺宿(その2) 赤坂宿(その1) 赤坂宿(その2)

稲(とう)・中・美:濃尾環状歴史街道:美濃街道

美濃路(名古屋宿その1) 美濃路(名古屋宿その2) 美濃路(名古屋宿その3)
美濃路(清須宿その1) 美濃路(清須宿その2) 美濃路(稲葉宿)
美濃路(萩原宿〜起宿その1) 美濃路(萩原宿〜起宿その2) 美濃路(墨俣宿その1)
美濃路(墨俣宿その2) 美濃路(大垣宿その1) (大垣宿その2)
(大垣宿その3)

トップページ 地下鉄路線図に行く

高蔵寺駅 インターネット地図検索サービス
「るーとMap」で、行き先までの道順を調べよう