東海道五十三次四十六番目、庄野宿


広重、庄野、白雨

中山道(中仙道)脇往還:美濃路の旅
宿場,下段の街道名をクリックして下さい


庄野宿資料館前の案内板。


庄野宿北(江戸方)の入り口にあります。

比較的こじんまりの庄野宿は国道1号線の庄野北の
信号機を右折し、小さな坂を下りた所の信号交叉点から
国道1号線の大きく右カーブする所まで約800メートル
ばかりのまち並みを残すだけのたたずまいとなっている。
その中ほどにこの本陣跡の石碑がある。


庄野宿の町並みの北はずれにある当時を偲ばせる
建物、車とレースの街、鈴鹿市の中心から遠く離れ、鈴鹿
川と国道1号で遮断されているため行き交う人も少なく、
ひっそりとしている。


鈴鹿市指定の建築物となっています。


庄野宿から北約2キロの所に
ある博徒の争いで有名な"荒
神山の血煙り"荒神山観音寺
本堂である。この本堂前には
寺に信仰の厚かった春日局が
歌った歌碑がある。


観音寺本堂の奥にこの吉良の仁吉の碑が
建っている。数で物を言う集まりに対して、
少数ながら敢然として立ち向かう気概のある
男の物語は、現在も未来にも引き継がれて
いって欲しいものです。平成10年4月5日撮影


宿場から北方、加佐登調整池北にあります。関連:西尾市・源徳寺


上:庄野宿資料館、下は本陣付近に跡形もなく立て札のみが見られます。


庄野宿京入り口にあります。


汲川原町にある両側の道路標識「従是東 神戸領」今の(鈴鹿市)と刻まれています。。


一里塚の隣の川俣神社と町並み。庄野宿にも川俣神社があります。


中富田一里塚、ここから亀山宿へ行きます。
この付近から西へかけて家の庭先に 綺麗な花が咲いて旅人を和ませてくれます。

三重県の巻に行 55箇所 トップページ 庄野・本陣跡

これより美濃路

東海道・中山道・美濃路:環状歴史・出世街道
美濃路(名古屋宿その1) 美濃路(名古屋宿その2) 美濃路(名古屋宿その3)
美濃路(清須宿その1) 美濃路(清須宿その2) 美濃路(稲葉宿)
美濃路(萩原宿〜起宿その1) 美濃路(萩原宿〜起宿その2) 美濃路(墨俣宿その1)
美濃路(墨俣宿その2) 美濃路(大垣宿その1) 美濃路(大垣宿その2) 美濃路(大垣宿その3)
美濃路 垂井宿(その1) 美濃路 垂井宿(その2) 美濃路 垂井宿(その3)

これより中仙道

中仙道(垂井宿その1) 中仙道(垂井宿その2) 中仙道(垂井宿その3)

中仙道(関が原宿その1) 中仙道(関が原宿その2) 中仙道(今須宿)
中仙道(柏原宿その1) 中仙道(柏原宿その2) 中仙道(柏原宿その3)
中仙道(醒ヶ井宿その1) 中仙道(醒ヶ井宿その2) 中仙道(番場宿)
中仙道(鳥居本宿) 中仙道(高宮宿その1) 中仙道(高宮宿その2)
中仙道(愛知川宿) 中仙道(武佐宿) 中仙道(守山宿)

これより東海道

東・中・美:環状歴史・出世街道
草津 石部 水口 土山 坂下 亀山 庄野 石薬師 四日市 桑名

次は亀山宿 お伊勢参りに行くのじゃ
次は石薬師宿(お江戸日本橋へ)

三重県ホームページ

鈴鹿市ホームページ

鈴鹿市観光協会

SUZUKA CIRCUIT HOME PAGE(鈴鹿サーキットホームページ)