徳川家康公 愛知史跡めぐり(その1)

徳川家康公 愛知史跡めぐりをご訪問下さいまして有難うございます。

このサイトを立ち上げる時点の徳川家康公父方の先祖・松平家のルーツである松平郷(豊田市)
の訪問予定がやっと実現し、リンク・松平郷でご覧下さいますよう お願いいたします。


松平太郎左衛門親氏(ちかうじ)公の銅像。
親氏の天下泰平の願いは松平氏九代の徳川家康によって
実現されたと刻まれています。写真右上は産湯の井戸境内の親氏公願文の碑です。


於大公園。2016.7.7撮影。 於大公園史跡説明碑


於大公園(愛知県東浦町)内の史跡説明碑(下記写真右4基)を編集したものです。
関連:鳳来寺・東照宮。 関連:父・広忠公菩提寺 東京・伝通院


東浦町中央図書館前、明徳寺川左岸に建つ「於大のみち」散策ルートのモニュメント。(その1)。

「於大のみち」散策ルートのモニュメント


「於大のみち」散策ルートのモニュメント(その2)。


「於大のみち」散策ルートの埋め込み表示板
(花崗岩板?に文字が刻まれていますが一部汚損が目立ちます。
説明図参照)。左岸堤防で約30箇所(於大の方の若く、苦難の時代から知恩院の葬儀まで説明されています
左から年代順に配列してあります。


慶長7年7月に発病した於大はわが子・家康らに見取られながら「日本一幸福な母」として75歳の生涯を
閉じました(中)。
葬儀は京都・知恩院で営まれ、遺骸は江戸へ移され小石川の伝通院に葬られました。
位牌は緒川・善導寺乾坤院に安置されています(右)。


伝通院(東京)。
東京・伝通院


於大の墓所(伝通院境内)。
説明文拡大


千姫の墓所(伝通院境内)。
説明文拡大


伊奈城址公園、
櫓(上左)の壁に張られた説明文。 伊奈城址


緒川城址。徳川家康公・生母(於大の方)はこの城で生まれました。ここをスタート
地点として史跡めぐりをいたします。 緒川城址


乾坤院本堂左石段上の堅雄堂。左下は水野忠政の石塔。赤い矢印に「於大」の文字が見えます。


左:乾坤院本堂と庭園。右:乾坤院山門。 山門説明文 乾坤院
乾坤院三度目の訪問で本堂、座禅堂(左)が火事で消失していたのは大変な驚きでした。山門は修理中で
庫裏と総門は無事でした。


乾坤院総門。


善導寺。リンク:善導寺


坂部城跡。永禄3年(1560年)元康(後の家康)は桶狭間合戦二日前の5月17日知立から敵陣の
阿久比へ駆けつけ於大と17年ぶりに涙の再会を果たしました。 説明文拡大


坂部城跡から岡崎城方面を眺めながら(左)、日夜、わが子家康の成長を祈り、暖かい送り物を届けて
いたという。右は坂部城があった城山公園。


坂部城跡にある綿畑。知多木綿のふるさと・岡田とも近く、於大の方の影響を受けたと思われます。


洞雲院山門(左)。 洞雲院


洞雲院山門。 説明文拡大


洞雲院本堂(大悲殿、上右)。本堂と向き合って建つ(本堂左)のが知多新四国霊場第十五番札所。


洞雲院境内の久松・松平家葬地。


刈谷市内。
亀城公園説明文 亀城公園


刈谷城本丸跡。 刈谷城


椎の木屋敷跡。
於大の方は岡崎城松平家から離縁され傷心の一時期、椎の木屋敷に
滞在したと記されています。 椎の木屋敷跡


徳川家康生母「於大の方由緒の地」記念碑。


楞厳寺(りょうごんじ)。
刈谷城主・水野家の菩提寺


総持寺。
於万の方(長勝院)の生誕地で、徳川家康の次男である
松平秀康の母。関連:於万の方(長勝院) 総持寺


大乗寺本堂と山門。
安祥城本丸跡


安祥城本丸跡(大乗寺)リンク:大乗寺


安城市歴史博物館前から見る安祥城本丸跡。黄色い矢印は本多忠高の墓碑。


安祥城城址公園内南の八幡社。ここに二の丸があった。

徳川家300年の礎を築いた先祖・松平親氏公の松平郷
徳川家康公 愛知史跡めぐり(その1) (その2) (その3) (その4)
(その5) (その6) (その7) (その8) (その9) (その10) (その11)

ハイビジョン映像:徳川園第1部 ハイビジョン映像:徳川園第2部

大曽根(その1)|大曽根(その2)大曽駅(その3名古屋市地下鉄路線図)
徳川園(その1)徳川園(その2)徳川園(その3)徳川園(その4)徳川園(その5)
徳川園(龍仙湖畔)徳川園(龍門の滝) 筒井町、出来町天王祭

地下鉄路線図に行く

リンク:名古屋鉄道 旅行・観光 PVランキング