徳川家康公 愛知史跡めぐり(その5)

徳川家康公 愛知史跡めぐり(その5)をご訪問下さいまして有難うございます。


名古屋城正門。



名古屋城本丸御殿(玄関・表書院公開)記念特集

尾張徳川家初代藩主・義直へ紀州浅野家・春姫のお興し入れ第2部
動画の中で春姫が「御殿はどこじゃ」と探す場面に答えて市長が今 建築中でござる
としゃれて見せる場面が印象的です。因みに本丸御殿の完成は平成28年度の予定。

第16回春姫道中第1部


名古屋城の詳しい記事はこちらへ

名古屋城天守閣からの展望(ハイビジョン動画:225.2メガbgm付)


徳川園。
駅から南へ徒歩で約1000メートルのところにある徳川園内の戦災を免れた表門(写真左)
案内拡大 徳川園


広大な徳川園の南部一角を占める蓬左文庫(ほうさ)の全景。


戦災を免れた表門(右別名:黒門)と蓬左文庫(ほうさ)の全景(左)。


徳川美術館(左)とすぐ西の蓬左文庫(ほうさ)の建物。


徳川美術館南端の建物。 徳川美術館本館


徳川園。龍門の滝、龍仙湖巡りの船小屋と渡し場風景(庭園灯、常夜灯にも
明かりがつきました)

情妙寺
情妙寺。 情妙寺


茶屋新四郎宅跡。
駅1番出入り口から東へ約400メートル、京町通南側にあります。
関連 情妙寺


貞祖院。
関連リンク:於美津の墓 貞祖院


那古野神社(なごや)
延喜11年(911)の創建。毎年5月15,16日には若宮八幡社から古式
ゆかしい渡御があり道中からくり人形を上演しながら4キロを往復される。又春には隣の東照宮と共
に桜の満開期には名古屋市内でも屈指の賑わいを見せる。


若宮八幡社。
慶長15年徳川家康は名古屋城築城にあたり、今の地に移し尾張名古屋の
総鎮守とした。祭りは毎年5月15,16日で山車が那古野神社へ渡御される。当神社
の山車「福禄寿車」は名古屋市有形民族文化財に指定されている。矢場町駅から西へ
約400 メートル西、若宮大通り北側です。2013年4月15日寫す。 若宮八幡社

東照宮社殿
東照宮
東照宮

東照宮本殿
東照宮本殿は「都市景観重要建造物等」に指定されています。


愛知県産業貿易館西館から西へ約150mの東照宮裏歩道にこの石灯篭群(本殿前にも)があります。
刻まれているのは尾張藩重臣たちの名前と云われる。


建中寺
史跡コース花見コース駅から徒歩で北北西700メートルの
ところにある尾張藩歴代の廟所建中寺. 境内にあるつつじは5月初旬が見ごろです。

無量寿院
無量寿院
史跡コース駅から北西約400メートルのところです。徳川宗春:開運黄金ポスト


徳川家御下屋敷址
を10年ぶりに訪ねましたら上記の説明文が書き換えられていました。
宗春、晩年の生活が明らかになっています。左は付近の街並み。 徳川家御下屋敷址

相応寺
相応寺
。駅からほぼ東北へ約900メートル、山水景勝の地・千種区城山町にあります。左上は義直直筆の額。
義直公葬儀が相応寺で行われたことは市教委説明で伺い知ることができます。 リンク:相応寺

大森寺
大森寺
。名鉄瀬戸線大森・金城学院前駅から北約100メートルが便利です。 大森寺
関連:相応寺


性高院
。本堂8階、庫裏1階。 性高院案内拡大 性高院


五条橋
。写真はかって清洲城下(織田信長の居城)の五条川に架けられていた橋を清洲越
(慶長15年、1610年より行われた町ぐるみの引越しをいう)の時にここに移され橋
(堀川に架かる、名古屋城築城のための人工川)の名前(五条橋)もこれに由来する
といわれる。擬宝珠には慶長七年六月吉日と刻まれている。下の絵図は清洲越しで
清洲の五条橋をそっくり移転された橋(当時は木橋)です。 五条橋

徳川家300年の礎を築いた先祖・松平親氏公の松平郷
徳川家康公 愛知史跡めぐり(その1) (その2) (その3) (その4)
(その5) (その6) (その7) (その8) (その9) (その10) (その11)

リンク:名古屋鉄道

旅行・観光 PVランキング